シーズン当初から噂されていたFSAのコンポが ついに登場したそうな。 エティックス、ティンコフ、コフィディス、 ボーラに供給されたらしいので、かなりFSAは 本気だなってことはよくわかる。 そりゃ、ロードのコンポ市場に参入するのは並大抵の事じゃないだろう。

なんせ、SHIMANOがあるから。 (相対的に)低価格で高い信頼性を誇り、耐久 力が最も売りであることをその名で示すDura-Aceは総合力で見るとナンバーワンなのではないかと思う。 ・・・尤も、コストパフォーマンスという意味 ではUltegraが一番いいと思う。Dura-Aceは贅沢品だ。笑

ちなみにだけど、SHIMANOはグループセットとして発売した一番最初の企業だそうな。(wikipediaより) それまではいろんな会社のパーツを使って、互換性があるかどうかを確認せねばならなかった とか。 うわ、めんどくせー。

競技用自転車部品の世界市場で60-70%のシェアを握る巨人がいる市場への参入なのに、 Cyclowiredで写真を見た限りでは、FSAのコンポは何に優れているのかがわからない。 実はむちゃくちゃ利益が出るようになってんの かな。笑

ニッチを狙うようなコンポならわかるけど、それならプロチームに供給してブランドイメージを高める必要はないだろう。 どうやらシフトレバーからディレーラーまでは 無線っぽいけど、そんなことで勝てるような市 場じゃあるまい。 フレームメーカーは内装用のデザインを考える 必要がなくなるから歓迎するかもしれないけ ど、実際のユーザーが享受できる便益はほとん ど変わらない。

さて、そんなFSAのコンポが最後の山岳ス テージで、満を持して?の投入。(さぞかし、 メカニックは苦労することだろう。) いきなりのメカトラが無いことを祈りたい。

個人的には、ロードバイク用のコンポは成熟し きっていてコモディティ化してきていると思う。

次は、エアロコンポかな!?
スポンサーサイト
2015.07.22 Wed l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://pombyx.blog19.fc2.com/tb.php/97-1abaa4a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)