レースの冠はチームタイムトライアルだけど、Eクラスは普通のロードレース。
まあ、そらそうだわな。

朝、ごっちんを迎えに行ってからのレース会場入り。
H瀬さんともすぐに合流して、一周だけ試走しておいた。

先にH瀬さん、ごっちんが出るE3があったのでそれを観戦しながら並ぶ。
先頭から2列目を確保して、整列時にも前から2列目中央に並べた。
自分はとにかく下りが下手糞なのでなるべく下りには先頭付近で入りたい。だからスタートダッシュするつもりだったのだが、自分の前に並んでいる人のギアを見たらまさかのインナーロー。
え、マジ??

 不安は的中して、その人が遅くて前に出られない。
どんどん横から被せられ、結局集団中ほどで下りに突入していく羽目になり、案の定下りでズルズルと番手を落としてしまった。
結局、集団の後ろの方でダウンヒルへ突入。
ちなみに、一緒に走っていたZASのT塚さん曰く、一番後ろだったらしい。汗
テンパってて後ろをみる余裕がなかった・・・。

▼△▼△

 一周目のダウンヒルでは落車が恐ろしくてド緊張。
昨年の豪雨の中で中切れでのレース終了が恐ろしかったので何とかポジションを上げたかったのだけれど、もちろん自分のテクニックでは無理。
ブレーキ+加速を繰り返して脚に来るし、最初の下り区間が異常に長く感じた。
それからの短い登りでポジションをチョロッと上げるものの、やっぱり下りですぐにポジションを失ってしまう。
結局、集団最後尾のままで三段坂へ入って、脚を使って前へ出る事にした。

なるべく軽めのギアでクルクル回しながら前へ。
まだ集団には脚がある選手が多いのでごぼう抜き・・・とは行かなかったけど、少し番手を上げて展望台をクリア。
続くダウンヒル区間で緩んだところで更に前へでて、大体60番手?位で一周目を通過。

△▼△▼

 最終周回はペースが上がるんじゃないかと予想していたので、2周目でポジションを上げておくしかない!と思っていた。
とりあえず、上げられる所では脚を使ってどんどん前へ出るように心がけた。
けど、やっぱり下り区間はダメで、むしろ番手を落としてしまう。
ポジションを上げられたのはちょっとした登りと橋の平坦区間、そして三段坂からの展望台。
そこでかなりポジション上げて、前から六番手で三周目。
ここで一人の逃げが発生したけど、逃げ切れ無いだろ??と甘く見て見送ってしまったのだが、多分この人が逃げ切って勝ったみたい。

自分はこのままここをキープして…なんて考えたけど、ポジションキープという考え方でキープ出来るほど甘くない。
結局、ポジションをだいぶ落としてしまった。
途中、逃げの差が17秒であることがバイクから伝えられ、集団はペースアップしたけど、問題なくついていけた。

最終の三段坂では脚自体はまだ残っていたので、脚を使って前へ。

下りで集団が緩んだ所で先頭付近に出た所で、三人くらい飛び出していたのを確認。

ここが勝負所か?
自分が行ったら集団絞れるか?

ということで、少し出ていた三人に追いついてみたものの、後ろの人が交代しないのでペースが上がらない。

自分の脚もキてるけど、周りはもっとしんどいはず!
と信じてアタック。

が、やっぱり脚が無くて後ろには数珠繋ぎに集団が…。涙
諦めて交代を待っても変わる気配は無し。
牽かされて残り1000mを切り、最初のヘアピン手前でようやく後ろが出てきた…が、そのままズバズバ抜かれ、最後のヘアピンでもかなり番手を落としてしまった。

まだもがける脚はあったけど、前に20人以上居るのを確認したのでもがくのを止めて、そのままゴール。

▼△▼△

 勝負のポイントは3つあったと思う。
①特に下りでのポジションの悪さからの、登りで番手を上げるしかなくなってしまった事
②最終盤での中途半端なアタック
③中途半端な態度で前を牽いてしまったこと

特に、中途半端な姿勢、思い切りの悪さがダメだった。

アタックしてダメならすぐに集団に戻る。更に、最終局面ではベストな場所でなくても、そこからゴールを狙いに行く。
ゴール前でポジション落としても良いわって思ってたらダメだ。
スポンサーサイト
2015.07.05 Sun l レース l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://pombyx.blog19.fc2.com/tb.php/85-69ee1361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)