西日本ロードDay-11周目にどのくらいパワーを出していたのかを見てみる。

初日のしかも一周目だけというのは何故かと言うと、まともに集団走行していた周回はそれだけだから。

Day-1は二周目に千切れてグルペットだし、Day-2に至っては1周目で落車してるので全く参考にならない。

悲しいけれど、これが現実なのよね。

 

ということで、これが一周目の出力。

 1周目

 

平均出力221.1WNP282.1W

何、これ。

普段、ヒルクライムをメインにしてる自分にとってはちょっと異常な波形。

 

ちなみに、伊吹山HC E1の時はこんな感じ。

 伊吹

平均出力273.2WNP280.8W

 

伊吹山HCも先頭集団に出るまで後ろで待機していたからそこそこ上げ下げはあるけど、西日本ロードは350W超で踏むかそれとも休むか、ばっかり。

おかげで平均出力とNPとの差が60Wもある。

 

ヒストグラムは通常は正規分布になるけど、幅が広い。

1周目ヒストグラム  

何となく、170W290W350W420W辺りによく踏んでいるポイントがありそうな気配。

 

これだけギザギザな出力をしているのはそれだけ無駄なブレーキングがあるということで、ポジショニングが悪い+ブレーキングが下手という事を表しているのだと思う。

グルペットに入った2周目以降は平均出力とNPの差は45Wくらいにまで落ちているし。(それでもしんどいんだけど…)

そういう無駄な上げ下げをいかに減らすことができるか、という事も集団に着いていくためには重要な事。

 

後は、その上げ下げに対応できるトレーニングを積むという事が重要になる。

上げ下げでよくあるのが、2040秒間を400W越で踏むパターン。

瞬間的には500700Wで踏まされているけど、均すと400Wくらい。最低でもこれくらいの強度で踏む練習をしないといけないんだなぁ。

 

西薗選手曰く、ロードレースの練習は時間よりも強度を重視すべしとのこと。

ヒルクライムであればクリスクロスくらいの強度を入れていけばいいけど、ロードレース(広島)の場合はもっと1分以内で高強度のインターバルをやらないといけないっぽい。

 

HIITもやらなきゃいけないんだなぁ。

あー、やりたくないよう。

 

 当たり前の結論だけど、データからそれを導けたという意味はある…と思いたい。

でも、次は椿が鼻HCだからこういう練習をするのはもうちょい先だな。ホッ。

スポンサーサイト
2017.07.04 Tue l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://pombyx.blog19.fc2.com/tb.php/376-6e10b7d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)