今日はCLOUD 9ersのチーム練。
今日から、高校生のM川君が正式にチーム員として加入しました。
ドンドン伸びているM川君のこれからの成長に超・期待しています。
そのサポートを、少しでも自分たちが出来れば良いな、と思います。

▼△▼△

「皆、大正池で燃え尽きちゃって、後がショボいですよね」

 そんな彼が言ったとか言ってないとかされる言葉。(いや、言ってない。笑)

今日の自分はそんな感じ。
今週、かなり追い込んだ練習をしていて疲れが溜まっていたけれど、土曜日に休んで復活して、だいぶ調子が良かったのです。
大正池手前の丘でM川君と飛び出し気味になった時、「このまま逃げ切りましょうよ」なんて話を冗談交じりにしていたのだけれど、後ろが意外と追いついてこなかったのを確認して、脚を緩めずに大正池に突入。
後ろに脚を使わせる作戦をとった。

 決して緩めず、だからと言って上げすぎず、後ろを振り返らずに走り、後ろの音を頼りに追いつかれたことを悟ってからもそれは続けた。

脚は、回る。

平地区間でも落とさず、いいペースだったと思う。
途中、先頭固定状態になりつつあったところで後ろからローテするように檄が飛び、ローテはしたものの、直ぐにN脇君がアタック。
ついて行ったのは自分だけで、ここから二人でローテしながら頂上まで。

余裕はあったので、どこかで仕掛けるか悩んだけど、一番有効なのは激坂区間なのでそこまでは我慢。
・・・が、やっぱり350WくらいのL5,L6域になるとN脇君のほうが強い。
ちょっと離されたのを、最後にもがいて差そうと思ったけど、一歩及ばず。

無念の2着。
ちなみに、タイムは18分28秒、出力は295W(5.17W/kg)と、大正池では過去最高を記録した。(その場では286Wと言ったけど、間違いでした。汗)
やっぱり、ここ最近やってた練習に間違いは無かった。
伊吹山まであと少しなので、頑張ろう。

▼△▼△

 で、もうこれで今日の練習は終わり。笑

というくらいに、疲弊してた。
もう、脚がパンパン。
途中、GOURENから来た大学生が加わって6人で走ったのだけれど、特に序盤はなかなか回復しなくてしんどかった。

田んぼ区間に入ってからは割と回復してきていたのでペースを上げ、森林公園に入ってからも(自分的には)グイグイと。
最後、N脇君とのマッチアップになったけど、残念ながらついていけずに2着か・・・と、流そうとしたら右から黄色い影。

H谷部さん!

ここで差されるわけにはいかねぇ!ってんで、フルもがきして何とか2着をもぎ取れました。
ホント、油断できん。

 そこから道の駅までの平地~緩斜面区間は追い風だったみたいだけど、そんなことを感じる余裕すらなくギリギリの状態。
やっぱり、自分は平地が苦手だわ。
最後はN脇君、H谷部さんの3人になったのだけれど、最後の登りでは力尽きてH谷部さんに先着されちゃいました。
結局、今日はどこも一着を取れなかったなぁ。

▼△▼△

 休憩前にはもう大腿四頭筋が攣る寸前だったのだけれど、休憩してもそれほど回復せず・・・。
帰りは向かい風だと言うのに・・・。

 集団がバラけてからは平和にローテして、旧道を通ってGOURENコースに戻ったのだけれど、その前を軽快に飛ばしていく第二集団。笑
まぁ、この2つに別れてるならいいでしょー、なんて思っていたら、N脇君がアタックして前に追いつこうとしてるじゃありませんか。笑
そもそも、それについていく脚が無かったと言う説もあるけど、追いついて一つになっちゃうのも良くないと思ったのでここは追いつかずにI本さん、京都の大学生の3人で追走することに。

 先頭集団では、N脇君、H谷部さん、W邉さんの3人が抜け出して、O石さん、O西さん、M川君の3人と別れた模様だったので、それならなんとか前にブリッジしよう!とペースアップしたものの、なかなかローテが回らない。汗
京都の大学生が前に出てなかったので、回していくように声をかけたものの、どうやらしんどくて前に出られなかっただけのようで・・・汗。
ちょっと悪い事をしたかな。^^;

ギリギリまで脚を使って、前の3人には追いついたものの、もう限界。汗
裏白峠2段目で追いつく算段だったけど、自分はもう脚が無くて追いつけませんでした・・・。
ちーん。

 後は、I本さんにずっと前を牽いてもらって(笑)、なんとか山城セブンまで帰還。

あー、ホントしんどかった・・・。
でも、今週も凄くいい練習が出来ました。
皆様、本当にありがとうございました。

今日は、夕方にどうしても眠くて寝てしまったのだけれど、そのタイミングで子供が泣いてカオスだった。笑
そのせいで、嫁さんにも色々迷惑をかけてしまったなぁ。
やりすぎたらアカンね。^^;
スポンサーサイト
2016.03.20 Sun l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://pombyx.blog19.fc2.com/tb.php/195-3061905c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)