そろそろシーズンインなのに、ローラーばかりでトレーニングのバランスが悪かった。
ローラーは効率は良いんだけど、平地を一定ペースで淡々と走る練習になってしまいがち。
淡々と走るかどうかはメニューの組立によって調節できるけど、登りの練習にはならないというのは間違いない所。

固定なら傾斜つけることもできるけど、自分は3本派なので。

 ということで、暖かくなってきたのでそろそろ実走へ切り替えないと。
定番はやっぱり東福井からの府道110号線南。

時間の効率を考えて、最近は走っても上音羽までは行かずに三叉路か泉原までしか行っていない。

今日もそうしようかな~なんて思いながらスタート。
時間的に3本しかできない感じだったので、一本目から上げていく事に。

スタートから三分を300W位なので、目標値よりも一割高い。

その状態からなるだけ落とさず…なんて思っていたら、ユニバーサル園芸の交差点で信号に捕まってしまった…。

こういう時はもちろん、ルール遵守。
気持ちが削がれるが、仕方ない。

心拍も落ち着いてしまったし、どうしようかな~なんて思っていたのだけれど、よく考えたら、泉原まで3本やるよりも上音羽まで二本やった方がよくね??

という考えに至って、結局ゴール地点まで。

タイムは25分15秒。
ベストには17秒及ばなかったけど、最後まで走りきるペース配分ではなかったので仕方ない…ということにする。

続く二本目は同じタイムを狙ったけど、残念ながら30秒ほど及ばず。

無念。


…にしても、ローラー効果なのかインソール効果なのか解らないけど、だいぶ登りでもケイデンス高めにする方が心地良いと思うようになってきた。

これまではケイデンスを低くして踏む動き中心だったから、早く脚が無くなってたけど、ケイデンス高めにすると脚が残りやすい気がする。

その分、苦しいけど。(笑)


これまで、レースの終盤で脚がつることが多かったけど、この変化でその課題が克服されていればいいな。

スポンサーサイト
2016.03.16 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://pombyx.blog19.fc2.com/tb.php/193-1297ab55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)