今日はローラーやったけど、そんな事はどうでも良くて。

 愛車のFelt F1はBB30なので、今はSUGINOのコンバージョンBBを使ってデュラエースに対応させています。
が、圧入しているだけのBBなので、経年変化で緩んできたのかスポスポBBが抜けるようになってしまったし、乗っている時もカチカチとクリック音がするようになってしまいました。

 で、どうにか対策はないものかー?
と、アルミテープを噛ませてみたりしましたが、それでもクリック音がなくならないのでコンバージョンBBを変えてみることにしました。

入手したのは、PraxisworksのコンバージョンBB。
もちろん、BB30に対応している一品だ。

IMG_20160218_123857.jpg

ちなみに、重量は
IMG_20160218_202232.jpg

PF30用スリーブ抜きで124g。(ちゃんと敷いてあるビニール袋の重さは引いてあります)
これが重いか軽いかはわからん。

コレを選んだのは、左右をネジで繋げるとともに、コレット(っていうのか?)になっていてスリーブが広がるのでフレームに強固に固定されるからなんですね。
コレなら、BBの音鳴りが解消されるだろ!と信じて、帰宅後に早速トライ!

BBを取り外して、ノンドライブ側から圧入し・・・

圧入、できねぇ。汗

 おかしいなー??と思って、よくBBを触ってみると、、、

IMG_20160218_202831.jpg

入り口から7mmくらいの所にビミョーに段差があって、BBの内径がちょっと小さくなってるんですね~。
ここに引っかかって、奥に入っていかないようです。
(元々はBB30のベアリングが奥にずれないようにするためのモノだと思われます)

 で、結論。

PraxisworksのコンバージョンBBはFelt F1には使えない。(多分)

多分、としたのはそこまで一生懸命に頑張らなかったからです。

というのは、Felt F2乗りの人が無理にやろうとしてフレーム破損させてしまっているので、怖くて頑張れませんでした。汗

どうやら、この段差があってもKCNCのアダプターなら使えそうなので、そちらを試してみようかと思います。
ちなみに、FSAのアダプターを挿入するってのが音鳴りを無くす最終手段だと思っていましたが、それがNGだということも和歌りました。
KCNCが実質、最終手段かなー。


・・・にしても、BB30って規格が同じでも使えないものがあるんですね。
ホント、面倒くさい。




スポンサーサイト
2016.02.18 Thu l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://pombyx.blog19.fc2.com/tb.php/186-9ca2468f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)