時間がなくて全くブログを更新できていませんが、ちょこちょことローラーには乗っています。
強くなっている、という感じではなくて現状を維持している、という感じでしょうか。
もう、今年はそういう年なのかも…なんて諦めている節もありますが、出来る限りのことをやってみます。

 で、今日は待望のチーム練。
最早、日曜O石塾と言った方がいいかもしれないけど。笑
集合場所手前でK野君に会ったのだけれど、「もう、ぽんさんがいないのが普通になってきた」と言われてしまった。汗
うーん、なかなか行けてないもんなぁ。

 今日はメンバーがとにかく豪華で、昨年のJET年間チャンピオンのS藤さんやら乗鞍チャンピオンクラス2位のK松さんやらがいてもうガクガクしちゃうくらい。
・・・む、武者震いなんだからねっ!

 いつものように大正池へ。
真っ先にY浅さんが飛び出して、それにK松さん、M川君がジャンプして3人で逃げていくのをS藤さんが捕まえる。
・・・自分はS藤さんの番手を取って楽させてもらいました。笑

後ろから見ていても、やっぱりK松さんとS藤さんのフォームが安定していて、力が抜きんでているのがわかる。
特にS藤さんのペダリングは美しいわー。
速い人のバロメータとして、ふくらはぎと太ももの太さの差を見ることが多いのだけれど、S藤さんのふくらはぎは細い。

ランプレの選手を見たときも脚が細かったけど、やっぱりペダリングが綺麗だとふくらはぎは使わないから細くなるんだろうなぁ。

一方、K松さんは機関車のようにペースを作る。
たぶん、6割くらいはK松さんが牽いていたと思うのだけれど、ペースが衰えることはなかった。

ボロ小屋を過ぎて、斜度が上がるあたりでY浅さんが捨て身の?ペースアップ。
もう、自分は必死なんですけど…。汗
一度、千切れかけたものの、そこは根性でなんとかブリッジ。

 後はそのまま、ツキイチで激坂区間へ突入したのだが、メンバーはK松さん、S藤さん、M川さんと自分の4人にまで減っていた。
そりゃ、皆昨日も走ってるもんなぁ…。
それなのにこれだけ走れるってすげぇわ。

後ろでM川さんの「もう、いいや」って声が聞こえたけれど、「よくねぇ!」と思って何とかついていこうとするも、結局離され、M川さんにも追い抜かれ…結局18分59秒でゴール。
あー、しんどかった。

 大正池の頂上は凍っていたので、慎重に下って和束ローソンで再集合して再スタート。
自分はS藤さん、K松さん、K野さん(8㎏のリュック付き)、M川さん、H谷部さんらからなる第一グループ。
もうさ、自分が一番実力が下やん。
辛いわー。

 で、一路森林公園を目指すわけですが、S藤さんとK松さんのペースがえげつなくて徐々に足を削られていく。
K野さんは8㎏のハンデがあるのでしんどそうだった。
いや、これで全開のK野さんがいたら自分は瞬殺されていただろうな。
それでも先を目指して行こうとした時、対向車線からビバ練組が来て、清水橋が凍結してる事を教えてもらう。
とりあえず、ペースを緩めて行ってみたが、清水橋手前の橋がフローズン。汗
やっぱり、山の中の気候って読めないな。
第二グループと合流してどうするか検討した結果、ここを切り抜けたら後は大丈夫だろうということだったので、とりあえず行ってみたが、田んぼ区間以降はもう大丈夫なようだったので通常走行で県境を通過。

 R307に入ってからは風が強くてやたらとしんどかった。
S藤さんの後ろだったのだけれど、同じペースで先頭を牽くとすぐにくたばるだろうというのが目に見えていたので、申し訳なかったのですが、ペースを落としてしまいました。汗
ここは牽く時間を短くしてでもペースを維持するべきだったか??と反省。
ペースの上げ下げがあるとしんどいもんね。

 で、そんな感じでペースを緩めていてもしんどくてしんどくて…。
何故なら、自分の後ろがK松さんで、自分が牽いた後でもペースが上がるので付くのが大変なのです。^^;
2回くらいローテしてから、あまりにしんどかったので付ききれずに一度ローテをパスして後ろで休憩。
・・・が、ローテに入ってもらったH谷部さんの方が先に千切れてしまうという珍事?が。汗
いや、申し訳ありませんでした。汗

 何とか、ギリギリでK松さん、S藤さん、M川さんの3人についていったけど、1~2%?くらいの緩斜面でM川さんが上げたペースに着いていけずにジ・エンド。
平坦で足を削られて、登りでやられるパターン?
それとも、最近登っていなかったので登りの筋肉が落ちていた?
原因はどっちだ!?

▽▲▽▲

 道の駅で休憩の後にスタートしたのだけれど、もう大腿四頭筋が攣りそうです。汗
往路でみんな脚を使っていたのか?復路は比較的平和だったのだけれど、それでも自分には十分しんどい。
途中でTeam Green Roadのお二人が合流し、人数が増えたのにそれでもしんどい。^^;
ダメだ、こりゃ。

R307の下りでついていけず、後ろのM川君に間を埋めてもらって…なことをした次の瞬間、何か青いものがコロッと外れたのが視界に入り、集団がストップ。
気付かなかった若干名はそのままかっ飛んで行ってしまったけど…。笑
落ちたのはM川さんのボトルキャップ。
こんなん落ちるんやな。笑

 ちょっとだけ脚が回復して再スタートしたものの、すぐにある裏白峠で千切れ、第二GからジャンプしてきたO西さんとY浅さんにサクッと抜かれただけでなく、I本さん、Y本さんにもあっさり抜かれて最後尾。涙
もう脚が無いで~。

そこからは根性で、変速ワイヤーが切れてインナー固定になってしまったK松さんをエスコートしながら山城セブンへ。
あーーーー、しんどかった・・・。

▲▽▲▽

 本日もいい練習が出来ました。
また、心に燃料入れてもらえたので、また明日から頑張ります^^

・・・にしても、日曜だとみんな疲れてるからなぁ。
これからは土曜日に行くようにしようかな。
スポンサーサイト
2016.02.07 Sun l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://pombyx.blog19.fc2.com/tb.php/180-0d1ec376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)