安かったので勢いでポチッた、パールイズミのウインドブレークジャケット、3500-BLを昨日着たのでその感想を。

3500-bl_23fit.jpg


比較対象はCastelliのMortirolo(M)で、カステリ曰く8~15℃対応なので、5℃対応の3500-BLの方がちょっと暖かい仕様ということになる。

Mortiroloは3シーズン着たのでヘタってダボダボになってきている感じもするが、同じMでも3500-BLの方が作りが小さくて、ヨーロッパ基準のMサイズと日本基準の違いを感じさせる。
ちなみに、自分の体格は身長170cm、体重59kg、首周りが39cm、チェスト93cm、ウエスト75cm、腕(脇から手首まで)52cmと言ったところ。

どのサイズにしようかと悩んだけれど、身長に合わせるよりも横幅に合わせた方がいいだろうということで、Mサイズにしました。

結果。

体幹はダボつく一方で、袖が短いという、大変残念な事に。
なぜ、こうなった!?涙

外を走った時、大体5℃前後だったと思うけれど、その時はかなり暖かかくて、
「さすが、日本のメーカーだなぁ」
と感心したのに・・・。

ホント、防風・保温性能ともに申し分なくて、インナー(Craft ZERO extreme)をもう一段薄手のもの(例えば、モンベルのジオラインの一番薄手のヤツ)にしても十分対応できるだろうと感じさせるくらい。
多分、5℃と言わずに0℃でも十分対応できると思う。コレは凄い。

でも、袖が短くてねぇ。
昨日使った、ASSOSのFuguグローブは手首部分がだいぶ長めなのだけれど、それでも手首にちょっとスキマが空いてしまって寒い。
これはちょっといただけないかなー。
まだ、昨日は暖かかったから良いけど、もっと寒い時にこんなだったらちょっと萎えてしまう。
生地はいいし、性能も文句ない。それが1万円チョイで手に入るだなんてなんて素晴らしいんだ!
と思うけれど、サイジングが残念すぎる。

なんというか、ユニクロみたいに「ちょっとポッチャリした人」でも着れるようにしてしまった結果、自分みたいな「それなりに自転車乗ってる」体型の人にマッチしなくなってしまった感じ。

一応、パールイズミもその辺には気がついているっぽくて、トールモデルを作っていて、袖・裾をワンサイズ長めにしているラインはあるのだけれど、それでは体幹のダボッと感は解決されないと思う。

きっと、トールモデルから更に体幹をワンサイズ細めにしたレーシングモデルが必要だと思う。

▼△▼△

 さて、どーしようかなぁ。
返品はもう出来ないし、このまま着続けるか、手放すか・・・。



スポンサーサイト
2016.01.04 Mon l 自転車 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

三千円なら買いたいです・・・
2017.05.20 Sat l じぇえ. URL l 編集
気付くのが遅れました、すみません。
いや、もうすでに他の方に販売いたしました。

このような話はヤフオクかメルカリでどうぞ!
2017.05.30 Tue l ぽん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://pombyx.blog19.fc2.com/tb.php/175-8d1a854d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)