体重:57.3㎏
   なかなか、これ以上落ちまへんな…。
   炭水化物を摂りすぎかなー??
主観疲労度:4
      脚の筋肉の疲労がちょっとあるけど、練習をするのに支障はない程度。



 今日は久しぶりのローラー練。
4時半に子供のおむつ+ミルクがやってきて、5時くらいには終わったんだけど、そこからちょっと寝てしまった…。汗
再起動したのは5時半すぎ。やっちまったわ。
練習に行くっていう約束があると大丈夫なんだけども、ソロ練だとなかなかそうもいかんな。

 色々準備して、練習開始。
今日は40分弱しか時間が無かったので、例によってアップなしで徐々に出力を上げて35分間のL4走。

 パワーは35分平均270Wを目指したけれど、全然届かずに260W。
あかんやん。
最近、ちょっとFTP上がったんじゃないかなー??なんて思うのだけれど、勘違いだったかな?
それでも、終わった後はどんよりとした疲労感が残った。やっぱり、のいさん朝練とL4練は鍛えてる部分が違う気がする。

にしても、暑くなってきた。
ローラーを開始するのに勇気は要らないが、風を直接体に当てて冷却しないとオーバーヒートしてしまうな。
スポンサーサイト
2016.03.31 Thu l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
体重:58.1㎏
主観疲労度:6
      毎日、たった20分強の登りを一本やってるだけなのに体はしんどくなってきた。
      体の芯からの疲れという感じでなく、筋肉の疲れという感じ。
      やっぱり、ローラーよりも特定の筋肉を酷使することが多いんかな。

▽▲▽▲

夜に何度か子供に起こされてしまったのだけれど、経時的に全然筋肉の疲れが取れて…いくことがなく、だいぶ焦った。
3時ごろに起こされたときはあまりに眠くて、対処をすべて嫁さんに任せてしまった。。。
自転車に乗る元気はあるくせに、子供の世話ができないとかおかしいよなぁ。

 とりあえず、一回ミルクをパスしたおかげか?5時過ぎには起きられたので今日ものいさん朝練へ。
今日のメンツはのいさん、N村さん、イシトモさんと自分の4人だったので、今調子が上がっている自分が先頭でスタート。
最初の横断歩道くらいまで、いつも一人で登り始めるときと同じくらいのイメージで入る。

自分の牽く時間は長めだけど、ちゃんとローテもするので、後ろに入った時に少し休んで前に出ることができた。
ユニバーサル園芸の交差点まで、6分強で300Wチョイ、というのは昨日と同じくらいの出力だったけど体感的なしんどさは昨日の方が上かな。平均出力が同じでも、N脇君がペースを作っているので後ろにいるときは楽できている一方で、先頭ではよりパワーが必要になってインターバルがかかっているからだろう。


後ろもそれは同じようで、今日は全員ついてきている。まだ、自分には集団を木っ端微塵に粉砕する力はないようだ。
その後のアタックポイントでN村さんが前に出たのだけれど、自分は割と限界に近くてついていくのに必死だった。もう、いつ千切れてもおかしくないような状態で瀕死。
昨日と同じく、意地で着いていっている状態。
この、切れようか悩みながらもついていくってのが、最高の練習時間だと思う。

 どこかでのいさん、N村さんが遅れ、イシトモさんと2人でローテしていったけれど、もう記憶があいまい。笑
いや、しんどかったんですわ…。
パワーはどんどん下がってきていたけれど、ローテで休めることもあってなんとかタレずにゴールまで。

ゴール前に突き放しておけばよかった…と後悔するのは去年にもあったパターン。笑
いや、アタックしてタレたら怖いな…って思ってしまうのですわ。
イシトモさんもしんどそうだったし、そもそも練習なんだから、失敗してもいいからやるべきだったなぁ。

 ゴール100mちょい手前でイシトモさんがシッティングでゴリゴリきたのだけれど、最後はフルもがきしてなんとかギリギリで差すことができた。
ホント、最後までもがききることが出来て+面目保てて(笑)良かった。
ちなみに、タイムは22分12秒なり。
序盤にアホ程ペースを上げた割には、いいタイムかな。

今日もいい練習が出来ました!
ありがとうございました。
2016.03.30 Wed l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
主観疲労度:3
      なんとなくだるさがあるのは、酒のせい。身体自体は全然平気。

 昨夜は前職の仲間の送別会に。
送別といってもどこか遠くに行くわけでもなく、ただの異動なんですけど。それなのに、元々同じ部署にいて、もう会社を辞めた3人が集まっての送別会。
こういう、仕事の繋がりを超えた繋がりがあるって、いいよな~って思う。

自転車もそうだ。
自転車仲間って毎週のように顔を合わせるけど、実はどんな仕事してるかとか、ほとんど知らないのよね。
これもまた、仕事の繋がりを超えた(というか、無関係な)繋がり。
こういう集団にいるのは心地よい。

で、今日は焼き肉をたらふく食べて重くなった体をスリム化するために、のいさん朝練へ。
今日はH田さんも参加されるということで、悶絶確定…と思っていたのだが、まだ調子が上がってきていないとのこと。
い、命拾いしたぜ…。笑

 この時期は仕上がりのバラつきが大きくて、N脇君と自分の調子がいい感じ。
ということで、なるだけみんなで走れる時間を長くするためにも、脚がある人は牽く時間を長くして調整することを確認してスタート。

▽▲▽▲

 最初の機関車役はH田さん。
気持ちよくペースを上げていただいたのだが、右に寄っていたのでちょっと抜きづらかったこともあり、左から追い越して先頭へ。
ペースを維持しながら長めに牽くことを心がけたけど、なんか乳酸が貯まるのが早くてしんどい。
後はN脇君が長めに牽いて、N村さん、自分という順番。
ガツン!とくる強度ではないけれど、最初のユニバーサル園芸の交差点まで5、6分を300W強で走っているので、決して楽ではない。
…というか、かなりしんどい。
普段ローラーやる時でもこんな強度でやってないぞ。汗

 そんな強度だったもんだから、早くも先頭集団はN脇君、N村さん、自分の3人になってしまった。
信号を過ぎてから斜度が上がるところで、N脇君がアタック。
多分、本人的にはペースアップくらいなのかもしれないけれど、限界近くにまで追い込んでいる自分にしてみれば切れ味抜群なアタックに見えた。笑
だいぶしんどかったのだけれど、N村さんはしっかり反応しているので、流石だ。

もちろん、自分もここで後れを取るわけにはいかない。
先週は詰められなかった距離をしっかり詰めて、3人パックで行ったのだけれど、とにかく辛い。
脚も心肺も限界に近くて、早く千切れてしまいたくなる。きっと、二人で走っていたら「もうええわー」となって遅れていたと思う。
順序は先頭からN脇君、自分、N村さんの順。
ここで自分が千切れたら、まさに万死に値する。笑
一度離れかけた距離も、意地で踏みなおして食らいついていった。(冷静になって考えると、踏み直されるのって後ろにはダメージきますよね。すみません。汗)

もちろん、先頭を走るN脇君の前に出る事は到底できずにひたすらツキイチ。
パワーもどんどん落ちてきて、工事現場を過ぎたあたりで後ろにN村さんがいないことを確認したところで心が折れて、、、プチッと。。。
ホント、人が見ている状況でないと強さを保てないのが自分の弱点ですな。

後はもう黄金のタレを決めて、N脇君から1分以上遅れて23分11秒でゴール。

▽▲▽▲

あー、今日は特にしんどかった。
口の中が血の味がするし、タバタをした後みたいに気管支にダメージがある。
それに、仕事をしていても異常に眠たくてたまらない…。それくらい、いい練習が出来ました。

 のいさん、N村さん、H田さん、どうもありがとうございました!

にしても、自分にとってはいい練習が出来ているけれども他の方々の練習にちゃんとなっているのだろうか?というのは少々怖い。汗
迷惑になっていなければ良いのだけれども。
2016.03.29 Tue l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 朝は4時半に目を覚まし、朝食を食べ準備をして、5時半過ぎに家を出発。
高速を使えば1時間半で着くけど、下道で行こうとしたのです。
近いし、朝早く出れば下道でも早いとこ着くのではないかと^^

 で、買い物とか色々して8時には会場に到着。・・・2時間半は意外とかかったな。

▼△▼△

 到着後、受付・監督会議の後に試走。

コースはYoutubeで見ていたけれど、動画で観ると斜度とかわからんのよね。
一周走った結論。

「こりゃー、全く向いてねぇわ。」

 舞洲よりもストレートが長い+直角コーナーやらクランクがあるので、パワーがあって、人並みにテクニックがある人向け。
特に、勝つにはパワーが絶対に必要なのだけれど、自分にはどっちも無いんだよなぁ・・・。汗

ということで、スプリント勝負にせずにどうやったら勝てるか・・・という事を考え、
1.後ろに積極的にインターバルをかける
2.途中で逃げる
という作戦で行くことにする。

 さらに、試走中に雨が降ってきて路面がウェットだったので、特に先頭付近をキープする事を心がける事にした。

△▼△▼

 スタート位置は先頭右側という、絶好のポジションだ。
バックストレートは思っていた以上に道幅が狭く、下り基調なのでスピードが出ていた時には自分のテクニックでは前に出る事は不可能になる。
だから、スタートから先頭付近に出ておきたかった。

先頭からスタートして、ダッシュして先頭を確保。
第三・四コーナーではなるだけ手前でスピードを落とし、ホームストレートに入ってから加速して後ろにインターバルをかけるようにしたのだが・・・こんなん、しんどいわっ!

そう、しんどいのだ。
後ろにちょくちょく戻った時の様子を見ても、全然平然としてるし。
そして、先頭を走っている時よりも15番手くらいを走っている時の方が全然楽チンだし。

 ということで、方針変更。
なるだけ逃げるタイミングを見計らってみたけれど、自分には脚が足らないので独りで逃げ続けるのは難しい。
他の人も一緒に行きたかったので、アタックというよりもペースアップみたいなぬるいアタックをしてみたけれど、全然後ろは着いてきてるし。

アカンわー。

 で、色々無駄な動きを繰り返して無駄に脚を使った状態で最終周回へ。
位置取りが出来無い事を懸念したけれど、思ったよりも簡単にホームストレートで前に出られた。
先頭がマルシゲ?の人で、次が四国のほうのチームの人で、自分は3番目。
最終周回だという事もあるけれど、番手を取っている人が徹底的に前に出ずにツキイチを決め込んでいる。
この人はレース中、徹底してこういう動きをしていて、ちょっぴりウンザリしていたけれど、この局面でもコレとは・・・。

 ホームストレートに入ってからもその状況は変わらず、延々とマルシゲさんが牽いている。
・・・正直、これなら後ろは余裕で着いてこれているだろう。
・・・このツキイチさん、脚溜めたいだろうから、仕掛けたら見逃してくれるんじゃ!?
残り、大体1kmか。

 ・・・ということが頭をよぎった瞬間、飛び出してました。
残り距離からして、脚がもつかどうかはギリギリだけど、やるしかない。
後ろは振り返らず、ひたすら回す。回す。回す。

残り500~600mを切ったあたりからもう脚が限界だと悲鳴をあげ始めたものの、その声を無視して回す。

自分としては後はこれを何とかして維持して、このままゴールを狙うしかないのだけれど、ここまで走ってみたところで後ろを振り返ると。

そこにはツキイチさんがいて、さらに後ろには一列棒状の集団がいました。

逃げられませんでした。

 ここで心が折れて、踏み続けられなくなってレース終了。
後ろから追突されるのが恐ろしいので、肘でサインを出しつつ左側に避けて集団を見送る自分。

集団は20人くらいで、どうやら最後に中切れがあった模様。
ということで、もう後はどれだけ頑張っても完走ポイントしかつかないので、ペースを上げることも無く流してゴール。

結果、27位でした。

▼△▼△

 今回のレースでわかった(というか、再確認した)のは、
1.今の自分には逃げられるような脚はない
2.自分はコーナリングが致命的に下手くそ
であること。

 特に、コーナリングがヘタなのはどうにかならんかね?
直角コーナーを抜けてから、必ずといって良いほど自分と前の人の間に1-2m空いちゃうんですけど。
もっと、前の人と同じように走れるようにならんとアカンな。

 ということで、次戦の舞洲クリテではこれらを踏まえた行動をしようかと思います。
これぞ、PDCA。

次も頑張ろうっと。




2016.03.27 Sun l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 疲労度:1 ほぼサラ脚

 明日はいよいよ自分の開幕戦、岬町クリテ。
正直、苦手な平坦コースなので自分が勝てる見込みは薄いと思う。
それでも出るのは近いから。
完走ポイントを稼ぎに行くのです。笑

尤も、それでもやれるだけの事はやります。
リザルトに反映できるかどうかはわかりませんし、集団を焦らせることができるかもわかりません。
観ている人に「こりゃ無理だろ」と思われるかもしれません。
それでも、終わった後に「出し切った!」と言えるレースにしてきたいと思います。

△▼△▼

 明日、丸一日レースに使うということもあって、今日は出来るだけ家族サービスをしておいた。
いや、こういう言い方をすると嫌らしいけれど、嫁さんの機嫌を取ってるわけじゃありまへんww
純粋に、家族との時間を大事にしたいのです^^

夕方には軽く30-30インターバル(320W, 5.53W/kg 5:30)をやって心肺に活を入れて、今日は終わり。
2016.03.26 Sat l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
主観疲労度:7
      体がダル重い。これでは最高のパフォーマンスは発揮できないだろうな、という感覚がある。

 そんな体の状態だったのだけれど、せっかく人と走れる機会なので出走しないという選択肢はなし。ドンパチやってやりすぎて日曜に疲れを残すよりも自分が長めに前に出て皆を牽けばいい、ということで集合場所に行こうとした瞬間に子供が泣いてミルクを作成。
いや、ちょっと早めに家を出るようにしていて良かった…。

▽▲▽▲

 集合場所には6名。N脇君もいるので、ドンパチ確定。笑
スタート時の先頭はN脇君。
例によって?ダンシングで軽やかに登っていく後ろを必死についていく(多分)中学生が、、、いきなり千切れそう。やっぱ、体重軽そうだからしんどいよね。
自分はその後ろに入っていたので、前に出てフォローしつつ先頭に。基本的には先頭固定でいくつもりで、交代のサインなども一切出さずに黙々と前を牽く。
一番後ろに下がったっぽいN脇君にイシトモさんも加わってローテしながらユニバーサル園芸の交差点を通過したところで、先頭のN脇君がアタック。

 やっぱり、最初のアタックポイントはここだよねー。
それに反応したのは自分だけ。
この時の為に履いた(嘘。レース前のテスト走行)レーシングゼロが火をふk・・・無理でした。いや、あと5mってところまでは行きましたが、もう一歩縮められずにそのまま千切れて終了。ちーん。

こういう時、もう一歩踏み込んで更に行くよりも、淡々とマイペースで行こうという選択肢を取ってしまうのが自分の弱さだよなぁ。
明らかにN脇君も待っていてくれたのに、申し訳ないわ。

 後は逆風に心が折れそうになりながらも、後ろにいるイシトモさんから逃げ切るべくなんとか心を保ってゴール。
タイムを計り損ねてしまったけれど、たぶん23分ジャストくらいじゃないかな。

そのあとは、皆で記念撮影をして帰宅。
遅刻するわけにもいかないので、普段よりもちょっと攻め気味にしましたよっと。笑

 その甲斐あって、予定通りに6時半ごろに帰宅。

今日も皆様、ありがとうございました。

▽▲▽▲

 さ、十分体を酷使したので、後は日曜の岬町クリテに向けて体を休めるとしよう。
2016.03.24 Thu l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 主観疲労度:3
         昨日よりも筋肉の疲れはマシになっているかなー?

▼△▼△

 今朝はのいさん主催の朝練へ。
この冬から参戦宣言はしていたものの、あまりの寒さに心が折れてお邪魔していなかったのです。笑
後は、去年参加したときにあまりにしんどくて心が折れているというのもありますが。^^;

でも、もうシーズンインするし・・・。
暖かくなってきたし・・・。

 逃げる理由が無いし。汗

ということで、逃げられないようにするためにN脇君にも声をかけ、シルベストな方々に混じって練習してきました。

早朝、絶妙なタイミングで子供が「腹へったー!」と泣いたので、とりあえずミルクだけ作って嫁さんにトスし、自分は出発。
ただ、そのやり取りがあったので時間はギリギリ・・・。
全力で集合場所まで行ったけど、数分遅れてしまいました。
参加者(まさかの8名!!)の皆様、寒い中お待たせして申し訳ありませんでした。

△▼△▼

 簡単にルートを確認した後にスタート。

先頭はN村さんで、自分のメーターで350Wくらいだったので先頭は400Wくらい?
結構ハイペースで突入していき、そのペースを維持した感じでローテ開始。
まずまずしんどいのだけれど、自分のところでペースを落とすわけにはいかないので、それを維持するくらいの感じで先頭を牽く。
それを2回くらいしたかと思うけど、徐々に前に出てくるメンバーが減ってくる+息遣いが荒くなってきているのがわかる。
いや、自分もしんどい。

いつの間にか、先頭はN脇君と自分とで交代で牽くようになっていて、もうN脇君にずっと牽いてもらったよくね?的な甘えも頭をよぎったけど、ここに練習に来てるんだろ!?と自分を奮い立たせ、意地でローテに入った。

後ろを確認する余裕がなかったので、集団がどうなっているのか一切見ていなかったのだけれど、ユニバーサル園芸の交差点を過ぎたところで、どうやら先頭はイシトモさんとN脇君、自分の3人だけになっていた。

ただ、直ぐにN村さんとのいさんが見えるので、ちょっと脚を緩めたら追いつかれそうだ。
このまま、追いつかれてしまっては意味がないので、なんとか逃げ切りを狙って必死のパッチでペダルを回していたが、徐々にしんどくなってきて後ろについている時間が長くなってくる。

泉原交差点を13分55秒で通過した後、三叉路までの間で若干N脇君と離れてしまったのだけれど、それをN脇君が見逃すはずが無く・・・。
そのまま、アタックされてジ・エンド。

後は緊張がふっと切れてしまい、平均230W程度まで出力が落ちてダラダラとゴール。

タイムは22分57秒、264W。
スタートから約4分間は315W、15分までは278W、、、ときてのコレなので、どれだけタレたかがわかりますな。

△▼△▼

 その後、銭原を登る。
T字路を曲がって、銭原の登りに入ってからスタート!だと思っていたのに、ペースが上がらない・・・ということで、ペースを上げるべく先頭に出た所で、先頭ののいさんに「ここがスタートです」と言われ、ちょっと焦ってしまった自分が恥ずかしくなったので、ちょっとオーバーペース気味にダンシングでペースを上げ・・・ようとしたものの、脚がしんどい。汗

イシトモさんと先頭交代しながら頂上を目指したのだけれど、脚もしんどいし、心肺も追い込まれてきた。
割と限界に近いところで走りながらだったけれど、さっきのイメージが残っているからか、イシトモさんが仕掛けてくることも無く最後まで。
最後、斜度が上がる所があるのだけれど、そこを前にしてイシトモさんが脚を溜めているのがわかっていたので、もがく心の準備をしておく。
そして、案の定右から仕掛けてきたので、ペースアップして逃げ切れるか!?と思ったがそれだけではダメっぽかったのでダンシングでフルもがきして、何とか先着。
ホント、苦しかった・・・。

 タイムは7分57秒、297W。

▼△▼△

 その後の下り基調では、平坦基調になったところでペースアップしてみたが、直ぐに脚がパンパンに。汗
やっぱり、もうだいぶ脚を使ったからなぁ。^^;

 裏高山では静かにしていよう、と思ったけども、やっぱり我慢できずに飛び出してしまった。笑
ホント、阿呆やな。
銭原と同じく、イシトモさんとローテしながらだったのだけれど、最後はもがく脚が無く、イシトモさんに取られてしまった。
やっぱり、スプリントする脚がないってのは今後の自分の課題だな。

 高山公民館で休憩した後、勝尾寺経由で帰宅。
途中でスプリントポイントがあったけど、もうもがく脚なんて残ってまへん。汗

 ホント、しんどい朝練でした。
誘っていただいたのいさん、どうもありがとうございました!
今日みたいにフルコースで参加できる事は稀だと思うのですが、これからも是非参加させていただきたいと思いますので、何卒よろしくお願いします。

こうやって、他の人と走れるって楽しいなぁ。
今はたまたま、自分の調子がいいから今日みたいな感じになったけど、これから皆がドンドン調子を上げてくるはず。
自分も負けないようにしなければ!!
2016.03.23 Wed l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
起床時体重:57.3㎏
主観疲労度:4
疲労は少ないが、筋肉の疲れが残っている。
大腿四頭筋にグッと力を入れるとジワーっと痛みが出てくる感じ。

 ちなみに、主観疲労度なんてやってみたけれど、0(全く疲労なし)~10(チーム練の日の夕方)くらいの緩い基準で。
飽きたり、自分でもわけわからなくなったら辞めます。笑
目的は「このくらい疲れがあっても、この程度の練習ならできる」という記録を残すこと。
TSSなんかでも管理できそうだけどね。

 ちなみに、日曜日のチーム練のTSSは292でした。中1日で回復する程度だから、今日疲れが残っている感じがしても、これは疲れのうちに入らないのか!?
ちなみに、自分は300で限界なのだけれど、これはやっぱり持久力が低いから??
皆は普通にこのくらい出来るのかな??

▽▲▽▲

 今日のメニューはいつものL4。
シーズンが始まろうというところなので、もっと短時間高強度のインターバルをやった方がいいのかもしれないけど、今週・来週の岬町、舞洲のために付け焼刃のインターバルやるよりも、目標としている伊吹山を見越した練習をしていた方がいいと思う。

 時間が35分しかなかったので、ダウンの時間を2分とって(短すぎ??)、アップを含めて33分間の平均パワーをなるだけ高くする方針で練習開始。
200Wでスタートして、1分おきに10Wずつ上げていくイメージだったけど、4分後には260Wまで上がっていた。

心配していた筋肉が疲れててパワーが上がらない…ということはなく、まぁボチボチと脚は動く。でも大殿筋の下あたりの筋肉に疲れがあるのが原因なのか、なかなかケイデンスを上げられず、どうしてもトルク重視のペダリングになってしまっていたのが残念。
ローラー前のストレッチもしていなかったし、しゃーないか。

 結局、最終的には270W巡航で平均263W(4.59W/kg)くらいで終了。
毎回、「あー、もうあれ以上はパワーを上げられないわ」って程までは追い込めていないのがちょっと気になる。
やっぱり、そこまで追い込んだ方がいいのかなー?
でも、そこまでやるともう二度とローラーしたくなくなりそうだしな。笑

 今週は水・木くらいまでは練習をして、金・土は休養して日曜の岬町クリテに備えることにする。

▽▲▽▲

それにしても、身体がだるい。
こういうだるさがある時は「いい練習ができたなー」なんて思うのだけれど、ホンマかいな?クールダウンが出来ていないから…だったら嫌だなぁ。
2016.03.22 Tue l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今日はCLOUD 9ersのチーム練。
今日から、高校生のM川君が正式にチーム員として加入しました。
ドンドン伸びているM川君のこれからの成長に超・期待しています。
そのサポートを、少しでも自分たちが出来れば良いな、と思います。

▼△▼△

「皆、大正池で燃え尽きちゃって、後がショボいですよね」

 そんな彼が言ったとか言ってないとかされる言葉。(いや、言ってない。笑)

今日の自分はそんな感じ。
今週、かなり追い込んだ練習をしていて疲れが溜まっていたけれど、土曜日に休んで復活して、だいぶ調子が良かったのです。
大正池手前の丘でM川君と飛び出し気味になった時、「このまま逃げ切りましょうよ」なんて話を冗談交じりにしていたのだけれど、後ろが意外と追いついてこなかったのを確認して、脚を緩めずに大正池に突入。
後ろに脚を使わせる作戦をとった。

 決して緩めず、だからと言って上げすぎず、後ろを振り返らずに走り、後ろの音を頼りに追いつかれたことを悟ってからもそれは続けた。

脚は、回る。

平地区間でも落とさず、いいペースだったと思う。
途中、先頭固定状態になりつつあったところで後ろからローテするように檄が飛び、ローテはしたものの、直ぐにN脇君がアタック。
ついて行ったのは自分だけで、ここから二人でローテしながら頂上まで。

余裕はあったので、どこかで仕掛けるか悩んだけど、一番有効なのは激坂区間なのでそこまでは我慢。
・・・が、やっぱり350WくらいのL5,L6域になるとN脇君のほうが強い。
ちょっと離されたのを、最後にもがいて差そうと思ったけど、一歩及ばず。

無念の2着。
ちなみに、タイムは18分28秒、出力は295W(5.17W/kg)と、大正池では過去最高を記録した。(その場では286Wと言ったけど、間違いでした。汗)
やっぱり、ここ最近やってた練習に間違いは無かった。
伊吹山まであと少しなので、頑張ろう。

▼△▼△

 で、もうこれで今日の練習は終わり。笑

というくらいに、疲弊してた。
もう、脚がパンパン。
途中、GOURENから来た大学生が加わって6人で走ったのだけれど、特に序盤はなかなか回復しなくてしんどかった。

田んぼ区間に入ってからは割と回復してきていたのでペースを上げ、森林公園に入ってからも(自分的には)グイグイと。
最後、N脇君とのマッチアップになったけど、残念ながらついていけずに2着か・・・と、流そうとしたら右から黄色い影。

H谷部さん!

ここで差されるわけにはいかねぇ!ってんで、フルもがきして何とか2着をもぎ取れました。
ホント、油断できん。

 そこから道の駅までの平地~緩斜面区間は追い風だったみたいだけど、そんなことを感じる余裕すらなくギリギリの状態。
やっぱり、自分は平地が苦手だわ。
最後はN脇君、H谷部さんの3人になったのだけれど、最後の登りでは力尽きてH谷部さんに先着されちゃいました。
結局、今日はどこも一着を取れなかったなぁ。

▼△▼△

 休憩前にはもう大腿四頭筋が攣る寸前だったのだけれど、休憩してもそれほど回復せず・・・。
帰りは向かい風だと言うのに・・・。

 集団がバラけてからは平和にローテして、旧道を通ってGOURENコースに戻ったのだけれど、その前を軽快に飛ばしていく第二集団。笑
まぁ、この2つに別れてるならいいでしょー、なんて思っていたら、N脇君がアタックして前に追いつこうとしてるじゃありませんか。笑
そもそも、それについていく脚が無かったと言う説もあるけど、追いついて一つになっちゃうのも良くないと思ったのでここは追いつかずにI本さん、京都の大学生の3人で追走することに。

 先頭集団では、N脇君、H谷部さん、W邉さんの3人が抜け出して、O石さん、O西さん、M川君の3人と別れた模様だったので、それならなんとか前にブリッジしよう!とペースアップしたものの、なかなかローテが回らない。汗
京都の大学生が前に出てなかったので、回していくように声をかけたものの、どうやらしんどくて前に出られなかっただけのようで・・・汗。
ちょっと悪い事をしたかな。^^;

ギリギリまで脚を使って、前の3人には追いついたものの、もう限界。汗
裏白峠2段目で追いつく算段だったけど、自分はもう脚が無くて追いつけませんでした・・・。
ちーん。

 後は、I本さんにずっと前を牽いてもらって(笑)、なんとか山城セブンまで帰還。

あー、ホントしんどかった・・・。
でも、今週も凄くいい練習が出来ました。
皆様、本当にありがとうございました。

今日は、夕方にどうしても眠くて寝てしまったのだけれど、そのタイミングで子供が泣いてカオスだった。笑
そのせいで、嫁さんにも色々迷惑をかけてしまったなぁ。
やりすぎたらアカンね。^^;
2016.03.20 Sun l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今朝の練習も実走で。
昨日よりも暖かくて、外に出るのに勇気を振り絞らなくても良かったのだけれど、なんか眠たくて4時45分に目を覚ましたものの、活動開始したのは5時半。
45分を無駄にした…。

この45分があれば、もっと練習できるのにな。
実走になるとどうしても練習密度は下がってしまうので、ローラーと同程度の練習をするためには練習時間を長くするしかない。
そのためにもちゃんと早く起きられるようなリズムを作っていこう。(そのために、早く寝よう!)

▲▽▲▽

 ということで、スタートしたのは5時50分。
気合いを入れれば府道110号線南を登り切れると思ったので東福井~上音羽までの全開走で。

最初は370Wくらいで加速して入り、後はダラダラとペースが落ちて3分290W(5.03W/kg)。
そこから徐々にパワーが落ちていき、ユニバーサル園芸で275W(4.77W/kg)くらい。後は何とかこのパワーを維持していくだけ。
パワー自体は結構出ているのだけれど、思った以上に平地区間で回せなかったためか、工事現場で11分半、泉原で14分40秒と、タイムはイマイチ。

やっぱり、朝だと筋肉は動いても心拍が上がらないからそのせいだろうな。
脚はもうちょい動いたと思うけど、とにかく心拍が上がらなかったし。

 で、結局上音羽までは26分以上かかってのゴール。ただ、パワーは276W(4.79W/kg)なので悪くはない。・・・というか、26分のパワーとしては自己ベストに近いくらい。
この時期に、この時間に、それだけのパワーが出ているってのは調子がいい証拠かな。

▽▲▽▲

ただ、「これまでと同じ」で安心していたら、きっとこれまでと同じ結果しか出ない。
もっと強くなるために、毎日コツコツとしんどい練習をしていく必要があるのだけれど、なかなか一人じゃできんなぁ。

…ということで、のいさん主催の朝練になるべく参戦していきます。
朝から、出し切るぜっ!!
2016.03.18 Fri l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 そろそろシーズンインなのに、ローラーばかりでトレーニングのバランスが悪かった。
ローラーは効率は良いんだけど、平地を一定ペースで淡々と走る練習になってしまいがち。
淡々と走るかどうかはメニューの組立によって調節できるけど、登りの練習にはならないというのは間違いない所。

固定なら傾斜つけることもできるけど、自分は3本派なので。

 ということで、暖かくなってきたのでそろそろ実走へ切り替えないと。
定番はやっぱり東福井からの府道110号線南。

時間の効率を考えて、最近は走っても上音羽までは行かずに三叉路か泉原までしか行っていない。

今日もそうしようかな~なんて思いながらスタート。
時間的に3本しかできない感じだったので、一本目から上げていく事に。

スタートから三分を300W位なので、目標値よりも一割高い。

その状態からなるだけ落とさず…なんて思っていたら、ユニバーサル園芸の交差点で信号に捕まってしまった…。

こういう時はもちろん、ルール遵守。
気持ちが削がれるが、仕方ない。

心拍も落ち着いてしまったし、どうしようかな~なんて思っていたのだけれど、よく考えたら、泉原まで3本やるよりも上音羽まで二本やった方がよくね??

という考えに至って、結局ゴール地点まで。

タイムは25分15秒。
ベストには17秒及ばなかったけど、最後まで走りきるペース配分ではなかったので仕方ない…ということにする。

続く二本目は同じタイムを狙ったけど、残念ながら30秒ほど及ばず。

無念。


…にしても、ローラー効果なのかインソール効果なのか解らないけど、だいぶ登りでもケイデンス高めにする方が心地良いと思うようになってきた。

これまではケイデンスを低くして踏む動き中心だったから、早く脚が無くなってたけど、ケイデンス高めにすると脚が残りやすい気がする。

その分、苦しいけど。(笑)


これまで、レースの終盤で脚がつることが多かったけど、この変化でその課題が克服されていればいいな。

2016.03.16 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今日も今日とて、30分だけローラー。
TSSよりもIFにこだわって、強度の高い練習を心がけます。

 今日は10分L4の後に360W30秒-30秒レストを15本。
しんどいけど、体力的な限界を迎える前に時間的な限界を迎えてしまった。

やってる間はとにかくしんどくてイヤなんだけど、30秒レストがあると意外と出来てしまう不思議。

△▼△▼

 明日は嫁さんを病院に連れて行かねばならぬのでAMは練習が出来ず。
出来れば、昼過ぎからヒルクライムリピートでもやろうかな。

もうそろそろ、JBCFの開幕が迫ってきました。
今年はヒルクライム中心・・・と思っていたけれど、なんだかんだで普通にクリテやらなんやらに出る事になりそうです。

まずは岬町クリテから。

最近は平地がうまい事走れるようになってきている感触があるので、いっちょ頑張りますわ。
2016.03.11 Fri l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今日は箕面にあるパン屋さんへのライド・・・の予定だったけど、悪天候が予想されたので予定を変更していつもの?パンライドへ。
雨を避けるために集合時間をいつもよりも早めていたのだけれど、O西さんが来ない・・・。
変だなーと思って連絡を取ってみたら、どうやらパンクらしく、時間がかかるようだったので先にスタートすることにした。

 大正池では序盤はM川君と自分、U田さんの3人でローテして、後ろから集団がついてくるような感じ。
自分的には後ろを千切りたかったけど、今の自分の力では自滅がオチなので淡々と走っておく。
そうこうしていると、後ろからK松さんがやってきて、皆それに乗っかる。笑

K松さんが作るペースで集団が一列棒状になり、この辺から千切れる人たちが出始める。
自分はそれほど苦しくも無く、まだ大丈夫かなーってな感じだったので野球場手前?のちょっと斜度が上がるあたりでペースを上げてみたり色々やってみたのだけれど、ここで集団に残っている面子にはさして効果も無く・・・。涙

和束に入ったところでもK松さんの独壇場は続いていて、このままゴールに雪崩れ込む雰囲気。
あわよくば、先着したかったのでアタックしてみたけれど、結局タレてK松さん、M川さん、M川君にかわされて4着ゴール。
K松さんから後から聞いたところによると、「このペースで最後まで行くことはあるまい」と思われたようだ。涙

そして、実際にタレたので世話ないわな・・・。

△▼△▼

 で、S藤さん、K松さん、M川さん、M川君、U田さんと自分の6人で先頭集団を作って出発。
にしても、今日はM川君が元気だ。
もともと強かったけど、こんなに強かったっけ?ってなくらい、牽きが強い。
やっぱり、若いのは強くなるもんだなぁ。
オジサンは嬉しいよ。

 で、気がつけば森林公園。
脚がないって程でもなかったので、最後までいけると思っていたのだけれど、、、
ちょっと離れたギャップを埋められず、そのまま集団を見ながらのゴール・・・。
うーん、しんどい局面でのこういうちょっとしたギャップを埋めるのってなんか出来ないんだよなぁ。
これは、肉体的な問題じゃなくて精神的な問題として。
ちゃんと、多少しんどくなってでもこういうギャップは直ぐに埋めることを意識しよう。

▼△▼△

 その後は逆風のなかをS藤さんの列車に乗ってアップダウンをビューンと走って、あやまで休憩してから追い風に乗ってビューンと・・・だったのだけれど、もうR307の下りで脚が無くて千切れかけ。汗
なんとか、R422に入るところでは合流できたけど、もう脚がスカスカで踏めまへん。
あやまで合流したO西さんに前に入ってもらって何とかトンネルまでは耐えたけど、その後はもう・・・。

ちーん。

 あー、しんどかった・・・。

その後は石山にある鈴屋さんで美味しいパンを食べた後は最後の三段坂で脚を使いきってからの帰還。
もう、脚が全く残ってません。

ホント、パンライドってのは自転車でパンを食べに行くんじゃなくて、自転車で脚をパンパンにするって事なんだと思う。
2016.03.06 Sun l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 朝、暗いうちから家を出て走り始める。
普段だったらローラーやるところだけど、暖かいし実走することにした。
ということで、東福井~泉原交差点のリピートを3本やって終了。
まあ、特に変わったことも無かったですわ。

 で、その後は嫁さんと病院に行った後、万博公園のサイクルモードに家族3人で行ってきました。

嫁さんと子供は会場外の出店で食事して、自分が単騎で特攻。

IMG_20160305_120318.jpg

 色々乗りたいバイクはあったけど、混雑しててスタッフもてんやわんやしているし、ずらっと並んでいるしでもう乗る気にならね。
でも、折角着たからには何か乗っていこう!ということで、
ニールプライドのBura SLとYonexのカーボネックスHRに乗ってきました。

IMG_20160305_123137.jpg

サイズはMサイズなので、自分の最適サイズよりも一つ大きいし、ハンドル位置も高いのでポジションは違和感満載。
とりあえず、試乗コースに出てみたが、人が多くて加速できず、脚を止めている時間が長いのでよくわかんないのだけれど、真っ先にリアが普段と違うのがよくわかった。
上手く言えないけど、シートステー、ついてる??みたいな。

Felt F1よりはBB付近は柔らかめで、下死点あたりでクルッと回しやすいので、自分みたいなペダリングが下手な人でも対応できそう。
ちょっとした登り坂でダンシングしてみたけれど、スイスイ登って行く感じが気持ち良い。
・・・けど、なんかフロントの挙動が神経質で高速域になると気を遣いそう。
これは、サイズが違っていたから??


つづいて、YonexのカーボネックスHR。
IMG_20160305_134306.jpg
お値段、47万円なり。
Yonexがロードバイクに進出するって話を聞いた時には脊髄反射的に「コレは売れないだろう」と思って酷評したのだけれど、実際一度も乗ったこと無かったんですよね。
で、評価が高いという事もあってバッチリ予約して乗ってきました。

 Felt F1よりも持って軽いし、乗って軽い・・・けれど、しなってスイスイ走るタイプではなくて、Felt F1みたいに剛性高めでゴリゴリ走るタイプ。
明らかに、上級者向けです。
上級者、というのはJPT以上という意味で。

乗り心地も良いし、パリッとして加速が気持ちいい。
モノとしての魅力はわかるけど、コレに47万はやっぱり高すぎじゃないかなーって思う。


▼△▼△

 他にも乗りたいものがあったんだけどなー。
Canyon Ultimate CF SLXとか。

でも、あまりに混んでいてウンザリ。
試乗もチョロッとしか出来ないし、試乗コースも混んでいて思ったように走れないし・・・なので、もうチャチャッと帰ることにしちゃいました。

うーん、試乗にこだわったコンセプトは良かったと思うんだけど、それでもあまりに人が多すぎて乗れないという悲しい事態・・・。

ここでしか乗れないものがあるならまだしも、そうでない場合にはショップの試乗会に行くのが良いんだろうなって思います。

サイクルモードが縮小傾向にあるのって、「そこでしか出来ないもの」が少ないからなんだろうな。
2016.03.05 Sat l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 最近、22時には寝て4時半起床という健康的な生活をしているのですが、、、
諸事情あって子供の世話などなどで朝練出来るのが30分しかないという日々が続いております。

 ということで、20-30分間でなるだけ高出力を維持すると言う練習を。

ウォーミングアップの時間ももったいないので、アップは無しで250Wまで上げて、回るようになってきてから徐々にパワーを上げていくイメージ。

3月1日:261W 25分
3月2日:275W 15分
3月3日:275W 19分

 ってな感じで。

本当は15-20分を2,3セットはやりたいけど、仕方がない。

とりあえず、コンディションを維持しよう・・・。
2016.03.03 Thu l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top