朝、瑠璃渓に行こうと思って走り始めるも、脚がなかなか回らない。
うーん、昨日マッサージをさぼったのと、一人だということが影響してるのかな?と思いながら、府道110号線を登っていたのだが、途中から雨。
仕方ないか~なんて思っていたけど、下りが明らかに寒い。

ずぶ濡れで、16℃のダウンヒルはあかんかな?

亀岡方面は明らかにヤバそうな感じなので、諦めて高山へ。

身体が冷え切っていたのでなかなかパワーは出なかったけどとりあえずできるだけはやっておく。

それから勝尾寺経由で帰宅したのだけれど、コレでは物足りない!
ということで、近所でもがいたり色々やって帰宅。


△▼△▼

 それからは旅行の支度して、茨木駅から
関空行きのバスに乗り~の、飛行機乗り~のして、石垣島へ。

途中、サプライズ的なモノもありつつ、何とか無事に南の島に到着!

これから四日間、この島でのんべんだらりと過ごします。

何もしない。
をするために。
スポンサーサイト
2015.06.28 Sun l 日常 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今日はO石塾へ。
面子はO石さん、O西さんの三人。脚が揃ってるからこれはしんどくなるぜ…という予感がビシビシと。

早速、大正池でO西さんがグイグイペースをあげる。チョコチョコ、自分も前にでたけど、O西さんがすぐに交代してグイグイと。
次第に脚が無くなってきて、平坦区間では千切れそうになるくらい。

心が折れそうだったけど、「今日は取れるところを全て取る!」と決めてきたので何とか食らいつけた。

やっぱ、明確な目標があると人は頑張れるね。

和束に入る手前で何とか前に出て、そのまま和束町へ。
たぶん、タイムは16分代くらいで和束町に入ったと思う。だいぶ速い。

ココでは位置よりも力がモノを言うので、とにかく維持できる最高を目指してひたすら回す。
メーターをチラッと見たら330Wチョイだったと思う。

流石のO西さんもオーバーペースだったのか、遅れていくのを確認し、ホッとしたのか脚がだいぶ緩んでしまった。
それでも、初めての19分切り。
…18分58秒だけど。(笑)

和束ローソンをスルーして森林公園へ。
ここはO石さんが強い。かなり牽いて貰ってしまった。汗
清水橋で脚攣ってしまっていたO西さんがショートカット。

県境は少し手前からペースをあげて独走でゴール。
…いや、その前にO石さんに前を牽いて貰いすぎです。汗
我ながら姑息すぎる。

R422でもやっぱO石さんの方が長く牽いていたような…。汗
そんな状態だったので、ジルベール手前からペースをあげてみる。
…最近、よくやるんす。
大体、370W位は出ていたと思うけど、それでもO石さんを千切るまでには至らず。
このまま差されるか!?
と思ったけど、最後にもう一もがきする力が残ってて、何とかジルベールも取ることが出来た。

大石ファミマでO西さんと合流して、三段坂へ。
普段ならココへ来た時点で脚がスカスカなのだけれど、今日はまだ走れる感じ。
やれるぜ。

一段目、二段目と脚が残っていたけど、流石に猿丸ではかなりしんどくてO西さんに前に出られてしまった。

二人、ほぼ同時にもがき始めたけど、一発目で前に出て、二発目で引き離すことが出来た。
これは平日のHIITとポジションを少しいじった効果かな?

これで脚を使い果たして、山城セブンへ帰還。
あー、しんどかった。

▼△▼△

 今日は、結果は良かったけど余りに走りが姑息すぎたので猛反省。
男気ある走りをしないとな。
2015.06.27 Sat l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 最近、日記を書けていないのは仕事が忙しいから・・・ということだけではなく。

来週から石垣島に行くからです。

だからと言って、何も準備は出来ていないのだが・・・。

 広島前にこんなに遊ぶのもどうかと思うけど、休みを取れるのがその週しかないのだからしゃーない。

そのためにも、この土日はちゃんと乗っておかないとっ!

そのためにも、今日は早く寝てしっかり身体を休めておかないとっ!
2015.06.26 Fri l 日常 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今日は朝練。
明らかに脚に疲労は残ってるけど、来週はほとんど走れないので練習をしておく。

メニューは初めての110号線でのインターバル。
コレまでは登り基調で上げて、折り返しをレストに充てていたけど、これだとレストで完全に脚を止める事になってしまうのでイマイチ。

ということで、25分は登り続けられる110号線でインターバルしてみることにした。

初めての試みなので何を目安にして良いかがわからない。
とりあえず、330W二分200W一分でやってみることにしたのだが、全然維持できないでやんの。
もう二本目から330Wを下回ってしまった。

とりあえず、300W八本やって今日はおしまい。
なかなか、楽しかった。

△▼△▼

 帰宅後、時間があったのでHIIT。
慣れてくると最初は控えめに入ってしまうのだが、今日はとにかく全開で突っ込んでいった。
おかげで、最後の二本はもう死体同然。
全然、脚に力が入らなかった。

 そのせいか、しんどさの割りには出力は出てなかったし、スピードも出ていなかったようだ・・・。
2015.06.23 Tue l レース l コメント (0) トラックバック (0) l top

 身体のだるさはあんましないけど、筋肉痛がチョコチョコある。
来週末に迫った広島に向けて、最後の追い込みをかけねばならぬ…のだが、仕事がバタバタ。

むむむっ!

とりあえず、なるべく乗れるように頑張ろう。

△▼△▼

 こないだ、アンカーのバイクが如何に良いものなのか書かれているブログを読んだのだが、確かにアンカーのバイクもいいなと思うようになった。
書いた人はかなりのアンカー通かもしくは中の人なのだと思うけど、アンカーがマーケティングが上手に出来ていないように感じた。

頑張れ、国産メーカー!!
2015.06.22 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 朝、雨。
家を出る6時半まで起きていたけれど、雨が上がる気配がなかったので二度寝~。
11時くらいまでゴロゴロして、軽く食事を摂って11時半には家を出た。

この一週間バイクの調子が悪くてロクに練習できていなかったのだけれど、とりあえず快調に走ってくれたので安心。
まだフロントディレーラーの調整が甘いような気もするが・・・。
前も書いたけど、「自転車競技は自転車の状態も含めて能力」だと思う。
だから、今の自分はダメダメって事ですな。

▼△▼△

 集合場所に20分も前に到着。
なるべく早く帰るために、多めに補給していたのだが、途中で101師匠が。
自分の今後の話なんかをチョコチョコとしていたら、N脇センセーが来たのでY本さんが来るまで万灯呂山へ。

 久しぶりの万灯呂山だったが、路面がきれいになってていい感じだった。
景色もよかったし、満足満足♪

DSC_0029.jpg

今度は夜景を観に来てもいいな。

でも、今日は暑い!
頂上で写真を撮っていたらそれだけで汗が滴り落ちてしまった。
今の時期でそれなんだから、梅雨明けしたら・・・と考えると恐ろしいな。

 集合場所に戻ったら、Y本さんだけじゃなくてK野さんとI本さんがいたので一緒に走りに行くことに。
まずは大正池。

K野さんは既にViva練コースをアウタートップ固定で走ってきたらしい。
そんな状況のK野さんに負けるわけにゃいかねぇ!と思ってとりあえず手前の公民館だけは取っておいた。笑
いや、明らかにK野さんは争ってないんですけどね。

 で、肝心の大正池では何とかK野さんの後ろで堪えていたけれど、平地区間でサクッと千切られてしまった。
うーん、やっぱり自分は平地が弱いんだな・・・。
もっとちゃんと平地を走れるようにならないとな。

 その後はN脇さんにパスされた。
N脇さんはK野さんと合流してローテしながら走っていったらしく、17分前半でゴールしたらしい。
うわー、えげつねぇ二人だ・・・。

ちなみに、自分は20分24秒。
うーん、やっぱりあんまし走れてないな・・・。
最近、登りのパフォーマンスは上がってないし、もっと抜本的にトレーニングを見直さないといけないかな。

△▼△▼

 和束ローソンでI本さんが離脱して、残りのメンツで森林公園方面へ。
にしても、K野さんの牽きが強い。
やっべぇ、しんどいわ。汗

もう先頭出る脚ねぇな・・・と思い始めた清水橋手前で、N脇センセーがアタックしてK野さんがそれに反応。
そして、それを見送る自分とY本さん。汗
そのまま二人で行かれちゃうかなー?と思っていたが、天気が崩れてきたので清水橋でショートカットして戻る事に。

 R307のショートカットコース、アタックは特に無いのだけれど、ペースが速くてしんどい。汗
もう、他の人よりも自分が明らかに弱いことを見せ付けられてションボリ。涙
もっともっと、強くならんとアカンな。

▼△▼△

 その後、Y本さん、N脇センセーと三人でCR経由で帰宅。
最後、茨木に入ってから豪雨に降られて濡れ鼠。
まあ、「雨が降っても濡れるだけ」ってヤツですな。
2015.06.21 Sun l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今日は久しぶりソロで園部~亀岡ルートへ。
にしても、先週末から大腿四頭筋の疲れが取れず、思ったように踏めなかった。
んー、なんだかな。

 後は、ちょっとバイクの信頼性が・・・。
BBはキシキシ言うし、アウターローに入れるとコリコリ言うし。
いや、普段アウターローに入れる事はないからいいんだけど、レース強度の時とかそこまで気にしてられないし、そんな時にチェーン落ちたりしたら周りを巻き込んでの落車に繋がるしな。

 こういうときはプロに調整を任せるのがいいのかもしれない。
出来れば、広島前に調整しに持っていこうかな。

2015.06.20 Sat l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 久しぶりのGOURENへ。
もう、脚はバキバキだったのだが、それでも何とか家を出た。
割といいペースで走ってもギリギリ間に合うかどうかの6時55分スタート。
どうかなー!?
と思っていたが、枚方を過ぎたあたりで痛恨のチェーン落ち。
Di2でチェーン落ちするのは明らかにセッティングがなってないからだと思うので、調整しなくてはなるまい。

 今日はレースが多いので、GOUREN参加者は少なめ。
命拾いしたぜ。笑

それでも、ごっちん、M川さん、H部さんという強豪が揃ってていい感じ。
が、大正池がめちゃくちゃしんどい。
もう、ツキイチで何とかついていったのだが、ペースが緩んだ所で捨て身のバンザイアタック敢行。
やっぱり、しんどくてもアタック仕掛けていかないとね。

でも、すぐに吸収されて再びツキイチ。笑

先行していたH部さんを追うM川さん、そしてそれを離れて見守る自分と自分に追いつこうと虎視眈々と狙っているごっちんという構図。

もう自分は脚がなかったので徐々に先頭二人からは遅れていき、ごっちんに捕まってしまった。
が、ごっちんも一度千切れているのでペースが上がってない。
これならまだ追いつける!

 最後のヘアピンを抜けたところで全力でフルもがきしてごっちんに先着。
やってやったぜ。笑

ちなみに、タイムは大体19分ジャストくらい。
出力はそれほど高くなくて283W程度だったから、ツキイチでだいぶ楽をさせてもらったって事かな。

その後、和束ローソンで休憩の後に再スタート。
もう、脚がパンパンだったので早く千切れたかったのだけれど、千切れると後がしんどいので何とか着いていった。
ここでも2回くらいアタック。

・・・いや、アタックっていうよりもペースアップって感じかな?
もう飛び出すだけの脚は残ってなかった。
結局、自分が吸収されてからのペースアップについていけずに最後はグダグダで県境へ。
あー、しんどかったぜ・・・。

 その後、後ろからO石さんとT木さん、N谷さんが合流して大所帯に。
にしても、O石さんとT木さんが強い。
R422で先行する二人を捕まえるのに脚を使ってしまい、トンネルで千切れてタラタラと大石ファミマへ。
しんどかったぜ・・・。

 三段坂はT木さんとチートして先行。笑
追いついてきたごっちんにツキイチで牽いてもらってからの、最後に飛び出して一段目を取って・・・脚が終了。笑
もう後はサイクリングで帰宅しました。

あー、しんどかった・・・。
脚パンパンだぜ。

今夜はちゃんとストレッチとマッサージをして寝よう。
少しでもリカバリーを早くしないと、練習できん・・・。
2015.06.14 Sun l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 強豪メンバーと一緒に美山まで走った後、嫁さんとホタル鑑賞にお出かけ。
あー、楽しかった。

・・・けど、疲れた。笑

 明日はGOUREN行きまーす!
が、ちゃんと走れるか・・・!?汗
2015.06.13 Sat l 日常 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 会社で、偉い人に梅(高槻産)をもらった。

梅なんて・・・と思ったけど、折角なので梅酒を漬けてみることにする。

レシピは

梅 1000g
ブランデー 1800g
ハチミツ 500g

 で。

DSC_0022.jpg


 さて、後半年から一年後。
美味しい梅酒になってくれたらいいなー。

2015.06.12 Fri l 日常 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 やっぱり、疲れていたのだろうか?
朝、しゃきっと起きれずに6時を過ぎてしまった・・・。
こうなると、ふわふわ倉庫までは行けないので、再びのHIIT。

 今日も全開でごりごりっと。
脚が疲れている感じもあったので、パワーは出てないんじゃないか?と思ったけど、実際は昨日とほぼ同等に出ていた。
やっぱ、気持ち次第やな。

ちなみに、平均出力は351W。
ベストは354Wなので、もっと追い込めるはずだ・・・。

△▼△▼

 こないだの栂池に行く車の中で、ごっちんのニューバイクの話をしていたのだけれど・・・。
あんだけ話をしていると、自分が欲しくなってしまう。

ほら、ちょうど今はニューモデルの発表時期だし?

ということで、TREKのニューMadoneが気になる!

110-659x440.jpg

専用エアロブレーキがどうなのかが気になるけど、バリバリのカムテール形状。
そこそこ軽いだろうし、乗り心地もDomane譲りなのでいいだろう。

うーん、気になるぜ・・・。
 
2015.06.11 Thu l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 久し振りな感じさえする、朝のHIIT。
今日はダンシングを解禁して、とにかく全力で。

 8本目の開始五秒くらいで脚が尽きて、後はひたすらガマンタイム。
いや、しんどかった。

朝から良い練習が出来たわい。

▼△▼△

 今日は早めに帰れたので、夜はふわふわ倉庫まで行こうかなーと思っていたけれど、なんか異常に眠たいのでDNS。
代わりに明日の朝練しようかと思います。

最近、昼過ぎもメッチャ眠たいので、疲れてるのかな?
今日は早めに寝るようにしよう。
2015.06.10 Wed l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今朝は軽く雨が降っていたので朝練は中止。
代わりに、夜練することにする。

 練習メニューは悩んだけど、山手台にした。
今更長い登りの練習はいらないしね。

今日はオールシッティングしばりで。
平地区間になると出力がガクンと落ちる傾向だったんだけど、どうやら踏むペダリングになっていたからっぽい。
回す事を意識したらそれなりに出力は出ていたので、これからはそういう部分も気をつけよう。

 最後に、シッティング縛りでのHIITをやって終了。

明日の朝も練習したいな。
2015.06.09 Tue l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 栂池に、大事なものを忘れてきました。

DSC_0020.jpg

わかる?
大事な青いものが無くなっているのが。

もともと、SHIMANOも交換可能な仕様にしていないので、どうしたもんか・・・と思っていたのだけれど、ナイスな物を見つけました。

sn-cln-shoeg.jpg

sn-cln-shoeg_2.jpg

SHOEGOOなるもので、靴底に盛れるらしい。

 ということで、早速やってみました。

DSC_0021.jpg

 高さを左右であわせるのは大変なので、とりあえずソールが削れなければ大丈夫。
これでOKっしょ~!

2015.06.08 Mon l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
  5時ちょっと前に起床。
にしても、寒い。
布団の中でもぞもぞとストレッチしたり二度寝したり・・・で5時半に起床。

いろいろ準備をして、6時半にペンションを出てレース会場へ。
駐車場は埋まっていたが、隣にある原っぱ的なところに駐車。
ここなら近いから良いね^^

△▼△▼

 7時50分頃にサイン+試走。
ごっちんのバイクは重量がギリギリだそうだが、普通にクリアできていた。
よかった。

 それから荷物を預けて、激坂区間を使ってアップ。
なんだか脚に力が入らないような感じもするけど、まぁこういう時のほうが脚が回るもんだ!
と言い聞かせて走る。

 1.5回登って、並ぶ。
前から3列目の一番右だから、位置としては悪くない。

号砲とともにスタート。
位置を落とさず、ジワジワと前に出る。
ちょっと妖しい動きをする人もいたので、敢えて集団の右にずれて走っていたのだが、激坂区間で少しでも集団にダメージを与えたかった事もあってペースを上げようと試みてみる・・・。

が、やりすぎた。汗
一人で飛び出した形になってしまった。
んー、このまま行くか!?とも一瞬思ったけど、この段階から逃げられるとは思えなかったので、集団に戻る事にした。

ここでポジションを落としてしまい、だいたい20番手。
栂池高原の碑を過ぎて、束の間の平坦区間だが、ここでポジションを上げられず、そのまま再びの上り区間へ。

やっぱり、ヒルクライムとは言っても後ろはしんどい。
ちょっとしたカーブで前とギャップが空いてしまうので細かく脚を削られてしまう。
このままではジリ貧になるのは目に見えてるので、何とかして前に出ようとするもののなかなか出れずに四苦八苦。

思えば、この時点でかなり脚にきていたのかな。

で、数十メートルガレてる区間でアタック。仕掛けたのは多分、痛ジャージの人。
そこまで冷静に見れていたけど、集団が二つに割れてしまって着いていくことが出来ず。
ここで自分のレースは終了。

 先頭集団は5人?くらいが飛び出していって、残りが第二集団を形成していた。
自分はその第二集団にも50mくらい遅れて追走したのだけれど、周りの人と上手く協調できずに追いつく事はできず。

後は集中力が切れてマッタリとゴール。

あー、情けなや・・・。
2015.06.07 Sun l レース l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今日は6時半にN脇センセーを乗せ、8時くらいにごっちん乗せて、栂池へ。
社内ではごっちんのスベらない話で盛り上がり(嘘)、あっというまに栂池に到着。

 にしても、栂池高原は寒い!
風があるということもあるけど、大阪での装備じゃ寒いんじゃなかろうか!?
なんて思いながら試走開始。

 受付をした体育館から下ってスタート地点まで移動。
だいぶ斜度のある道で、これを登るのはしんどいなーなんて思っていたら、どうやらこれがコースらしい。笑
あちゃー。

 スタートから2kmの激坂がヤバいな、これ。
あっという間に千切られそうだぜ・・・。
一緒に試走しているN脇センセーも軽めのギアをクルクルと回しているのだが、それでも自分のほうが力尽きるのが早くて千切れる。
まあ、今日は無理する場面じゃないってことで。
ちょこちょこ分岐を過ぎたあたりで完全にN脇センセーには千切られて、ごっちんとのランデブー・・・を邪魔する人がツキイチでずっとついてきていたが、とりあえずスルー。

道はところどころガレていて、集団で走るのはちょっと危ない感じ。
だけど、どうせ最初の激坂で集団が絞られるだろうから関係ないかな。

 途中、エルドラードのK木さんにご挨拶。
ごっちんのダンシングを見て気づいたことがあったらしく、いろいろアドバイスをしてくれていた。
これで、ごっちんがさらに速くなるに違いない。

 ゴール地点近くはまさかの雪。
そんなに寒いのかよ!
0185.jpg


戦々恐々としながらのダウンヒルだったが、やっぱりめちゃくちゃ寒い。
ウインドブレーカー、雨用のものを持ってきたら良かったかな・・・。

 でも、景色はすっげぇ綺麗だったので大満足。
0192.jpg

 今度は嫁と普通に旅行しに来たいと思います。

△▼△▼

 その後、ペンションにチェックインしてから食事へ。
食事では、合鴨のスモークの脂身を取るごっちんの姿を見て爆笑し、
部屋に戻ってからはゼッケンのつけ方がおかしいごっちんを見てまた大爆笑。

いや、ごっちんって面白いな。
明日はその山岳エースが大活躍してくれるに違いない。

自分は、まぁボチボチで。笑
2015.06.06 Sat l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 先日、我が家にやってきたファンカーゴ。
元々、ラゲッジスペースが大きくて、異様に荷物を積める&壊れにくいという触れ込みで買ったもの。

コンパクトの癖に、段ボールは20箱近く載せられたし、自転車でも二人二台なら余裕で乗る。

でも、栂池にはN脇センセーと奈良のG藤さんの3人で行くのだけれど、果たして乗るのかと。

事前に確認しておかないと、当日の朝にG藤さんに「やっぱり、電車で来て」という、鬼な事を云わなくてはならなくなるので、近所に住んでるN脇センセーの協力を仰いで事前にやってみました。


結果。



意外と乗る。
しかも、一台は後輪外さずに乗った。
多分、逆さにしてるもう一台も後輪外さずに行けるんじゃないかな。
コンパクトだと、天井やら後ろやらに自転車を載せないといけないパターンも多いけど、それが必要ないのは大きな魅力。

 自転車乗りはやっぱり車にもこだわりがあるパターンが多いと思う。
レース会場でもスバル車、外車をよく見かける一方で、こういうファミリーカーは少ない気がする。
でも、車にこだわりがない人でお金もない自分みたいな人には、ファンカーゴはとても有力な選択肢なのではないかと思う。

ちなみに、ファンカーゴはもう既に販売終了して長いこと経つので状態のいい中古を探すのはチョイと大変かも。

後継機のラクティスはあるけど、ファンカーゴと比べると荷物スペースは少なくなっているらしい。

気が早いけど、、、このファンカーゴの次はどうしようかな。(笑)
2015.06.05 Fri l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
なんか、
最近異常に眠たい。
昼過ぎから、仕事しててもウトウトしてしまう。目が異常に乾いてるので目薬が必要なのだが、手元に無い…。
こんな日を二日続けてる。(笑)

 そんな状態だからか、今日の朝練も不調。
いつものように?東福井から府道110号線を上音羽まで。

一昨日の夜練では調子が良かったのにな。

結局、260Wにも満たないまったりペースで終えた。
まぁ、寝起きだから仕方ないかな。

とりあえず、栂池前の練習はこれでお終い。
後は身体の疲れを癒やして、日曜のレースに挑もうか。
2015.06.04 Thu l 自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 泊まっていたホテルから太地町までは近いので、朝は比較的ゆっくりできた。
心配していた雨はもう上がっていて、後は路面が乾くのを待つばかり。

E3に出るY本さん、LEONさんと合流して試走に行こうとしていたが、先にLEONさんは出てしまったようなので二人で軽く試走。

コースは去年と同じで、登り手前にシケインがある。
ここで集団は一列棒状に伸ばされるので、やっぱりこの手前でしっかり前に出ておくのが大事か。
で、去年までは登ってからは平坦な印象があったけど、走ってみると意外とアップダウンがある。
これまで、いかに何も考えずに走ってたかって事かな。笑

▼△▼△

 監督会議に出て、皆に情報共有。
その後、もう一周走ってからE3のスタート。

Y本さんもLeonさんも、並ぶ位置自体はさほど良くない・・・が、Y本さんは流石の経験で?移動のときにスルスルっと上がって、先頭に出ていた。
が、Leonさんは最後尾。
うーん、E3はすぐにKOMがあるのでスタート位置は上げておいたほうが良いのだが・・・。
むむむ。

 スタートしてから、Y本さんはちょっとポジションを落としてしまったようだが、一周目で集団の先頭にいた。
一方、Leonさんは集団から遅れてしんどい位置。
何があったかはわからなかったけど、一周で遅れるような脚ではないと思うし、遅れた集団の先頭にいたので脚がないわけではなさそう。やっぱり、位置取りかな。

 大集団で戻ってくると思っていたのだけれど、2周目の先頭集団はもう数人。
しかも、ゴール300m手前くらいで落車があって、遠めに選手が立てずにはじっこまで這って行ったように見えた。
あの人、大丈夫だったのかな・・・。

 Y本さんは遅れてゴール。
落車を懸念していたのだけれど、どうやらそうではなかったようで一安心。
むしろ、単独で飛び出していてペースアップをしていたからこうなってしまったようだ。
攻めの走りをしていて、素晴らしいっ!
自分も逃げて展開を作るような事をしなくちゃいけないな。見習おう。

 Leonさんのゴールの瞬間は見れなかったけれど、無事に完走できたようで何より。
初めての実業団レース、お疲れ様でした。
難しいコースだったのに、きちんと走りきれてよかったです。

△▼△▼

 いよいよ自分の番。
並んだ位置は悪かったけど、バイクやら車が集団を抜けるどさくさに紛れて前へ。
スタートしてからちょっと位置を下げてしまったけれど、位置自体は悪くない。

最初の登りではとりあえず位置を下げない程度にクリアして、集団のペースが緩んだ所で前へ出る。
だからといって、ガンガン脚を使うでもなく、あくまでも緩くペースを上げた程度にしたので、下りが始まる前に先頭に出る事ができず。
やっぱり、下りは先頭に出たほうが楽チンな気がする。

 平坦区間では特に上げる事もなく、集団内で。
だけど、漁港あたりで更に被せられ、番手を下げてしまった。
おかげで、KOMは遠い先・・・。涙

 そんな感じではいかーん!
ということで、2周目では集団の先頭へにでてチョコチョコと牽くことにした。
で、ゴール地点でまたペースが緩むと、後ろの人たちが楽に番手を上げられてしまう。
少しでもそういう人たちの脚を削りたかったのだが、ゴール手前で先頭に出た人が消極的で、ペースが全然上がらなかったので先頭に出てペースアップ。
一応、「ペースを上げていきましょ!」と声をかけたけど、「俺がペースを上げるぜ!」宣言だったと理解されるので余計だったかな・・・。

0219.jpg


 漁港でもペースを上げて走り、シケインも4番手くらいで入って、登りでも更にペースを上げ・・・られず、後ろを引き離すような走りが出来ず。
むしろ、その後のアップダウン区間では後ろに付くので精一杯。
最初の下りからの登り返しでも、自分的にはガンガン行ったつもりだったけどそれでも後ろから抜かれてしまった。涙

 それからも必死についていくだけだったが、下りで攻めて前に出て・・・みたが、それでも自分は下りが遅い。汗
自分の前に10mくらいのギャップがあって、何とか追いつこうとしたが叶わず。
後ろから数人が飛び出して先頭にジャンプしていく。

うわ、俺使われてんじゃんっ!

と気付いたものの、もう時は既に遅し。
もうここがゴールだといわんばかりに踏み込んで、追いついたものの、最後はもがくことなくゴール。

0236.jpg


あー、情けなや・・・。
やっぱり、平坦をもっと磨かないとダメだなぁ。

▼△▼△

 とりあえず、熊野を落車なく終えられて一安心。
もうちょっと、攻めた走りをする必要もあるけれど、何よりももっと位置取りを上手に出来るようにならないとこれから話にならなさそう。

位置取りの練習って、普段の練習じゃ出来ないもんな。
その辺はもっと経験を積まないとダメか。
2015.06.02 Tue l レース l コメント (0) トラックバック (0) l top
 金曜日から熊野に移動していて、那智勝浦に宿泊していた。
土曜のレースは三重県熊野市なので、朝は5時にホテルを出て出発して会場である熊野倶楽部に向かった。
ちなみに、熊野倶楽部に泊まればいいじゃん!と思ったけど、あまりに高価だったので断念。笑

 到着は6時過ぎで、まだ人は少なかった。
会場近くがいいなーと思ったので、下の駐車場にしたのだけれど、どうやら熊野倶楽部宿泊者用でレース関係者は使っちゃダメらしい。
ということで、上の駐車場に移動。

にしても、暑い。
車の中が暑くなる可能性が高かったので、山側の日陰になっているところに停めておいた。
ボトルも1本で行けるか不安だったのだけれど、悩んだ結果、1.5本入れてアップに行って、アップ~レーススタートで0.5本消費する計画で。
実質1本だったのだけれど、これはちょっと失敗だったかな。
かなり暑かったので、補給の量がハンパなくて最後は足らなかった。

 今年の自分のテーマは「先頭」なので、なるべく早く並んでおきたかった。
が、ボヤボヤしていたらもうだいぶ並んでる。汗
サインをササッと済ませてなるべく前のほうに並んでおいた。

 で、会場からスタート地点への移動。
0082.jpg

 何となく、リラックスしているフリ。笑
実の所、過去二回ともこのコースでは先頭集団に残れたためしがないので緊張してました・・・。
幼稚園前で、子供達の声援を受けてUCIレースのパレードを見送ってから、スタート地点へ移動。

そこで、集団の右側でプシュー。
ざわつく集団。

でも、目の前にモトのおっちゃんがいたので早速の前輪交換で事なきを得てました。
何やら高そうなホイールからR500に変わっていたのが残念だけど、このままだと走れないもんね。
とりあえず、走れるようになって一安心。

▼△▼△

 レースがスタート。
とりあえず、自分はちょっと集団に飲まれたりしながらも先頭付近をキープ。
ちょいちょいアタック・・・というか100mくらい先行する人もいるけれど、都度都度捕まえる感じ。
自分がアタックを潰す係りをやってしまったような??笑
うーん、自分も一度アタックしてみれば良かったかな。

 先頭付近をキープしていると、それなりに楽に走れる。
トンネルでも、前から10人以内にいたので特に不安なし。後ろからは時折怒号が聞こえていたので、やっぱり後ろにいると落車のリスクは高まるわな。

 そんな感じでトンネル区間をクリアして、千枚田に向けて細いウネウネ道に突入。
ここに入ったらもう安心♪
だって、去年はここでポジション上げようとしたけれど上げられなかったもんねー♪

なんて思って気を抜いたのがこの日の敗因。

勝負所を目の前にして、どんどんポジションを落として、もう50番手くらい?
何とか上がろうとしたけれど、難しい。
いつの間にか、登り区間がスタート。
かすかに見える先頭にはエルドラードジャージが見える。

多分、伊吹山で一緒の集団でゴールした人だ。
いや、正確には自分より前でゴールした人だ。笑

ということで、登坂力は自分と同等以上。
そんな人が前を牽いていることもあって普通に走っていたんじゃ前に追いつけないから、ちょっと無理して前へ迫ったが、どうしても後一歩が届かず、ジリジリと差が広がっていってしまった。

結局、ギリギリ先頭集団に残れない感じで千枚田をクリア。
そこからのダウンヒルは、去年よりもマシだけれども、それでも他の選手と比べると遅く、離されてしまった。

一人で下り区間を終えたあたりは去年と同じ。
更に後ろから数人に追いつかれたあたりも去年と同じ。
そして、4人でローテして追走したあたりも去年と同じ。
結局、後ろの集団に追いつかれたあたりも去年と同じ。

 ・・・ちーん。

後続集団はローテを細かく回していこう!と声がかかっていたが、全然綺麗にローテが回らず、結局先頭集団に復帰することは叶わず、そのまま集団ゴール。

0089.jpg

んー、この期に及んで、他の人よりも楽して追いつきたいという意図の人が多くいるって事かな。
プロレースを見ていても、数人の集団は意思の統一が容易だから綺麗にローテが回るけど、ある一定以上に人が増えるとサボる人が出るからローテが回らないしな。

 レース後、その集団にいた人が「綺麗にローテが回らなくて・・・」「ホント、ホビー感覚が抜けてなくて・・・」みたいに愚痴っていたけれど、世界最高峰のレースでもそうなんだからしゃーない。

周りに当たるよりも、自分が変わるほうがよっぽど楽になれるってもんだ。

△▼△▼

 その後、観光して一日終了。
那智の滝、熊野那智大社行ってきた!

いやー、満足度の高い一日であった♪
2015.06.01 Mon l レース l コメント (0) トラックバック (0) l top