体重:57.6kg
    O西さん的には、56kgまで落とせば入賞が狙えるくらいではないか、とのことだったけれども意思が弱い自分にはそこまで落とせませんでした・・・。
主観疲労度:1
        ほぼ、万全。

 万難排して、伊吹山。
いや、昨晩はご飯を食べ過ぎてちょっとお腹が重かった。
その分、朝食を少なめにして調整。
ちなみに、快便。笑
体重は57.6kgと、9位だった昨年よりも4kgも落としている。
これで去年よりも遅いはずがない、と自らを奮い立たせておいた。

 BC AnelloのM尾さん、N脇君と集合して伊吹山へ。
M尾さんの車がわからなかったため、集合場所を勘違いしたのでは?と勘違いしたのはご愛嬌。笑

旧メナードランド跡地駐車場に泊め、前日受付をお願いしていたAnelloのM川さんからチーム員のゼッケンを受け取り、チーム員に配布。
M川さん、お手数おかけいたしました。
どうもありがとうございました!!

 事前のバイク計量やら、Leonさんのパンクなどで色々トラブルはあったけど、集団の力もあって?なんとか乗り越えられた。
やっぱり、メンバーが多いってそれだけで力になるよなって思った。
自分が力になれたか・・・というと、だいぶ怪しいのだけれど、こういう時もある。笑

アップは例のごとく、実走で。
ただ、心拍計もパワーメーターもついていないのでもうよくわからない。笑
とりあえず、ハイケイデンスで脚の筋肉を活性化させるだけはしておいた。

▽▲▽▲

 で、出走45分ほど前に並びに行ったが、検車渋滞が既に出来ていて、自分はだいぶ出遅れていた事を確認。
とりあえず、ちょちょいとサインして並んだのだけれど、ホビーで大きな事故があったようでスタートが30分遅れるとの事。
毎度の事ながら、緊張していたのだけれど、ここでモジュマのN呂さんとお話が出来てリラックスできた。
そして、スタート前に向かい風が強いという情報を入手。
これで、自分の作戦は完全に決まった。

 で、いよいよスタート。
先頭付近に強豪選手が二人いたので、スタートから一気にペースが上がることを警戒したのだけれど、その二人はいきなり先頭に出るようなことはなかった模様。
むしろ、先頭をイシトモさんが牽いているのが見えた。
やっぱり、男気あるぜ。

 自分の位置は大体15番手くらい。
この位置も決して悪くないのだけれどもな~なんて思っていたところで、チェックしていた強豪・グランペールのT中さんとイナーメの56さんが二人が先頭に出て牽き始めた。
これでペースが上がることが予想されたので、中切れを警戒して前に出ておくことにしたのだけれど、T中さんの1本牽きでも地獄ってほどにはペースは上がらず。

途中、後ろを振り返って、「あんましバラけてませんね」なんて言っていたのでガツンとペースが上がることも十分予想された。
その時、一緒にペースを上げるのは自殺行為なので基本的には無視する方向で。
実績を見る限り、着いていくことすら出来ないだろうし、最後にはタレて無残なリザルトになることが容易に予想された。

ということで、自分は四番手を死守。
自分もしんどかったけど、振り返ると集団は一列棒状だったので「皆しんどいんだ」と思うと少し勇気が沸いた。
気がつけば、56さんが番手を落とし、自分は三番手に。

半分くらいまで行った所で、先頭のT中さんが独走態勢に入った。
特にアタックがあったわけでもなく、後続が力負けしたという感じで、緩やかに中切れした感じだ。
皆しんどかったのか、それとも強さを認めて諦めて二番手勝負に入ったのか、判断はつかなかったけれど、自分は完全に後者。
中切れを埋める人がいれば無理なペースでない限りはついていく感じの消極的な作戦。

積極的なレース展開をしたい気持ちはあったけど、これまでそういうことをしすぎて結果が出ていないと感じたので、勝負所まで脚を取っておくつもりだった。
そんなだったので、自分は勝負所までは徹底して前を牽かない作戦を取った。
気がつけば4人パックだったのだけれど、それでも牽かなかった。
きっと、前を牽いてきた二人はなんて消極的なヤツだと、内心毒づき、馬鹿にしたと思う。
でも、牽かずにツキイチをキープ。


E1昇格するための3位までに入るには、少なくともこのパックの中で二番以内に入らなくてはならない。
そのために、どうしたらいいのかを必死に考えたのだけれど、前を牽く二人は強い。
極端な牽制が入らない限りは後ろに追いつかれる心配が無いヒルクライムレースなので、強い二人に勝つためには少しでも脚を温存するしかない。
途中で何度も「ローテして先頭追いつこうぜ!まだ行けるよ!」って言われたけど、先着を狙う彼と三位以内に入ればいいという自分とでは目的は噛み合わないので応える必要はない。
途中、一瞬ある下り~平坦基調のところで前に出たけれど、それもグイっとペースを上げて後ろへの嫌がらせを狙うくらいのつもりで行ったし。

 そうこうすると、声をかけていた若人がしびれをきらしてペースアップしてパックは崩壊。
なんとか、自分だけついていったのだけれど、先頭交代を拒否してついていくことだけをしていたら
「着いてくんなよ!」みたいにキレられたけど、それがレースですがな。
・・・まぁ、自分も結局ついていけずに千切られてしまったんだけれどもね。涙

 後の2km弱は一人旅。
前との距離は離れていないけれど、後ろもジワジワ迫ってきているのがわかる。
これは、逃げ切るしかない。
追いつかれて3人パックになったら、自分の負けパターンだ。

何とか逃げ切れ!!
と、前に見えるモジュマのM水さんを目標に頑張ってみたものの、残り500mでずっと先頭を牽いてくれていたY'sROADの方に捕まってしまった。
この500mはとにかく長く、しんどかった。

 時系列はうろ覚えだけど、Y'sROADの方が一気に抜き去ろうとペースアップしてオーバーラップしていくのに何とか喰らいつき、少しだけ脚を休めた後に残った力を振り絞って残り300mくらいを駆け抜けた。
後ろは決して振り返らない。
番手を取られていて、ゴール直前のスプリントになった時に勝負できる脚はない。
自分には残った脚を振り絞って駆け抜けるしか選択肢がない。

 脚はこれまでの疲れが溜まって悲鳴を上げ、もう休みたいと声を上げていたけれど、S水さんの応援する声を支えにしてペダルを回しぬいた。

 結果、3着。

やりきった。
姑息な作戦だったと自分でも思うけど、自分と同等以上と思しき相手に対して、全力を出し切って勝負をしたと思う。

ゴール後、もう走れなくて止まってしまっていた自分に、S水さんが声をかけてくれて、我が事のように喜んでくれたのが嬉しかった。
2年も前にS水さんはE1に上がって、そこで実績を積んでいる。
自分はその間に全然前に進めておらず、劣等感にも似た不甲斐なさを感じていたのだけれど、これでようやく同じステージに上がることができる。
少しだけ、追いつけたのが嬉しい。
改めて、これからよろしくお願いします。

▲▽▲▽

 他の結果に目を向けると、E3のM川さんがなんと3位入賞。
元々強い上にバッキバキに仕上げてきていたので、いつも練習で発揮している実力通りのものが発揮できれば、十分予想できるリザルトなのだけれど、それでもJBCF一発目でこれは素晴らしいと思う。

 そして、N脇君もE1で見事6位。
もう、N脇君についてはどんな順位でもビックリしまへん。笑

 ごっちんとLeonさんについては、正直なところ実力を発揮できたとは言い難いと思っていて、残念な感じ。
これから、強くなるためにPDCAをまわしていきましょう!

▽▲▽▲

 帰宅後、我が家にこんなものが。

IMG_20160410_200245.jpg


ありがとう、妻よ。涙が出るほど嬉しかった。

自分は妻の理解があって、支えがあってこんなお馬鹿な趣味に没頭できています。
もっと、そんな妻に見合う男にならないといけないな。





スポンサーサイト
2016.04.10 Sun l レース l コメント (0) トラックバック (0) l top
一日遅れだけど、昨日のレースについて。

主観疲労度:7
      まるで土曜日にチーム練をしたかのような疲労感。
      土曜日は立ち仕事だったというのもあるのかもしれないけれど、それ以上に脚の疲労が半端ない。なんで??

ちなみに、夜のうちにブログを書けなかったのは異様に疲れていたからです。
とにかく眠くて眠くて…。一日、レースと子供の世話をしてくれていた嫁さんも疲れていたので真田丸を見る前に寝ようかとすら思いましたわ。
そして、まさかの10時間睡眠。寝坊して遅刻するかと思った。
子供にちょこちょこ起こされたけど、彼も疲れていたのか、寝ている時間が長くて助かった。

▽▲▽▲

 体の疲れが半端なかったし、先週の岬町クリテの反省もあってなるべく省エネで行くことに。基本的には脚を溜めて、残り2-3周でアタックするプランを立てていた。
が、やっぱり自分みたいなコーナリングテクニックがないヤツがこのコースで「脚を溜める」のは無理だわ。


 レースは先頭に並んで準備万端。
ローリングスタートだったけど、皆の行きたい行きたいオーラが強くて、先導バイクを追い抜かんばかりの勢い。
で、半周したところでアクチュアルスタート。後ろからかっ飛んでいく人が多数。
出来ればここで先頭に出たかったけれど、「脚を溜める作戦」だし!ということで前から1/3くらいのところに落ち着いた。
まあ、これはしゃーないんだけど、この時にもう一気に先頭に出てしまうべきだったと反省。
いつものようにコーナーごとに遅れていき、ずるずると後退…。
先頭まで出る脚はあったと思うけど、「使いすぎないようにしよっ!」なんて思って15番手くらいまでしか上がらなかったもんだからポジションを見つけられずにまたズルズル後退して…なんてことを繰り返していたら、もう終盤に。

こうなると、皆が上がりたい!ってなるもんだから後ろにいると上がる場所がなくなっちゃうんですな。
ということで、レース終了。

いや、今回はレースでも何でもないな。ただ集団走行しただけだわ。
無理に前に出ようとすると危ないので、そのまま集団の最後尾をのんびり走ってゴール。

疲れの残っていた脚だけど、それすら使い切らなかった、大変残念な人でございました。
舞洲はこういうパターンが多いなぁ。

 最近は調子がだいぶ良かったから自分自身にも期待していたんだけれど、、、自分にガッカリしました。

▽▲▽▲

 とりあえず、もうちょっとマトモに集団走行できるようにならないとなー…ってもう何年も言っているなぁ。
レース中、「この人が急にコケたら」「もし、この人がインに入ってきたら…」なんてことを予測してしまうんだよな。今回のレースでもコーナーで何故か後輪ロックさせてるような人がいるくらいだし、決して間違っているとは思わないんだけど…。
だからといって、必要以上にマージンを取った走りをしてしまうのは競技者としては問題ありかなぁ。

 ちなみに、こういう練習ってどうやったらいいんだろう?
普段から心がけておくとか、そうやって慣れていくべきもの???
2016.04.04 Mon l レース l コメント (0) トラックバック (0) l top
広島二日目。
E2クラスは朝イチの7時半スタートなので、四時間前の三時半には起きておいた。
高ぶっていたのか、グッスリ寝られた感じはあんまりしない。汗
脚は珍しく右のふくらはぎにダメージが有る感じ。

広島入りする前に香川でこんびらさん詣でをしたのだが、その時からふくらはぎに疲れがあったからかもしれない。

△▼△▼

 会場には6時20分頃到着して準備。
心配していた雨は上がっていたけど、路面の状況を見たかったので試走へ。

ちょうど、Y本さんもいらしたので一緒に行きたかったが、軽量化なりなんなりしていたら間に合わず。

試走はT塚さん、モジュマの方との三人で軽めにしたのだけれど、やっぱりふくらはぎがピキピキとくる。

起きてからストレッチはしていたけど、身体がまだ硬いのかも?
と思って、試走後にサドルを二ミリ程下げておいた。

△▼△▼

 スタートは昨日の反省を生かして左端にしたけれど、位置があまり良くなくてそこまで良いポジションで下りに入れず、結局ズルズルと後退してしまった。

集団内では、昨日走りが巧かった某選手を観察。
絶対、今回も狙ってくるはずなのだが、集団内で静かにしている。三段坂でも周りの選手よりも明らかにペダリングがスムーズだし、余裕を感じる。
きっと、脚をためていたのだろう…と思って何とかその後ろに付きたかったのだけれど、走りが下手くそな自分にはそんな器用なことは出来ず。涙

とにかく前に出たいが、昨日からうまく脚が回復していないようですぐに乳酸が溜まってくる感じでなかなか前に出られない。
おかげで下り区間ではブレーキを強要されるし、上り返しではガツンと踏まなくちゃいけないわでどんどん脚がなくなっていった。

そんな状態で2周終えての3周目に入るところでチェックしていた(というか、遠くから見ていた)選手らがゴール手前の登りからペースを上げて、そのまま先行。
メンバーはかなり強力な様子だったので、このまま逃げ切れる可能性も大いに有り得る。
多分、このメンバーから優勝、2位が出ていたんじゃないかと思う。

 自分もそれに乗りたかったのだが、先頭付近に出たところで脚がいっぱい。
先頭にも出られず、とりあえず先頭付近をウロウロしていたところで飛び出してブリッジかけようとする選手もいたけど、そのせいでペースが上がって結局逃げは吸収。
それでも逃げのメンバーは強力で、脚を休めることなく先頭にいた。

走り方に由来するのか、そもそもの脚力に由来するのかわからないけれど、自分よりも強いってことがよくわかる。
もう自分はだいぶ限界に近くて、昨日のように三段坂からの展望台でペースを上げて集団の前に出ることもできず。
限界というのは心肺じゃなくて筋力。
脚がパンパンで力が出ず、心拍が上がらない感じ。

 展望台でS司さん、S水さんがいたので余裕ぶって手を振ってみたけど、やらなきゃ良かった。笑
こういうことやるのって、カッコ悪いわ。
展望台からの下り基調では給水する人が多いのでペースが緩む。
脚がない自分でもそこで前に出る事はできるので、四周目に備えて前に出たのだけれど、ゴール前の登りでもうごぼう抜きされて後方に沈んでしまった。

 最終四周目。
集団は登りだけ頑張って、平坦では緩む。
さっきの下り基調同様、脚がない状況でも多少前に上がれたのだけれど、やっぱり下りで遅れを取るのはずーっと同じ。
下りで前の人の後ろに着いて走れるようにならないと広島ではどうにもならん。

脚が限界に近かったので三段坂で千切れるかと思ったけど、限界ながらもなんとか展望台をクリア。
後ろを振り返ってみたら、どうやら自分が最終の乗客らしいのでとにかくそれから千切れないように。
例によって、下り基調のところで緩んだので最後尾から少し前に出てみたけれど、横に広がりきっていて先頭までは出られない。
これで、ジ・エンド。

 前にそこまで人数がいなかったように思えたので最後の登りで全力でもがいてみたけれど、それでも見える景色が全く変わらない。笑
むしろ、すぐに脚に限界が来てもがききることができずに集団最高尾でゴール。

あー、情けなかった…。

△▼△▼

 広島は道が狭い。
それでも両サイドから上がっていこうとする人はいて、
「右から通るよー」
みたいな感じで行こうとするする場面が何度かあったのだけれど、敢えて進路を空けるようなことはせず。
むしろ、この幅は無理やろって時にはスペースをなくして行けない様にした。
後ろにいたらイラっとしたと思うけど、
「ごめーん」
と一言謝っておいたからまぁいいだろ。 

 一度、無理に入ろうとして縁石に擦って落車していた人もいたし、自分の判断は間違っていなかったと信じたい。

▼△▼△

 レース後、A笠さんに「集団での位置取りが下手糞すぎ」と叱咤してもらった。
ホント、つくづく自分は位置取りが下手糞だと思う。
これって、どうやったら身につくものなんだろう?
2015.07.06 Mon l レース l コメント (0) トラックバック (0) l top
 レースの冠はチームタイムトライアルだけど、Eクラスは普通のロードレース。
まあ、そらそうだわな。

朝、ごっちんを迎えに行ってからのレース会場入り。
H瀬さんともすぐに合流して、一周だけ試走しておいた。

先にH瀬さん、ごっちんが出るE3があったのでそれを観戦しながら並ぶ。
先頭から2列目を確保して、整列時にも前から2列目中央に並べた。
自分はとにかく下りが下手糞なのでなるべく下りには先頭付近で入りたい。だからスタートダッシュするつもりだったのだが、自分の前に並んでいる人のギアを見たらまさかのインナーロー。
え、マジ??

 不安は的中して、その人が遅くて前に出られない。
どんどん横から被せられ、結局集団中ほどで下りに突入していく羽目になり、案の定下りでズルズルと番手を落としてしまった。
結局、集団の後ろの方でダウンヒルへ突入。
ちなみに、一緒に走っていたZASのT塚さん曰く、一番後ろだったらしい。汗
テンパってて後ろをみる余裕がなかった・・・。

▼△▼△

 一周目のダウンヒルでは落車が恐ろしくてド緊張。
昨年の豪雨の中で中切れでのレース終了が恐ろしかったので何とかポジションを上げたかったのだけれど、もちろん自分のテクニックでは無理。
ブレーキ+加速を繰り返して脚に来るし、最初の下り区間が異常に長く感じた。
それからの短い登りでポジションをチョロッと上げるものの、やっぱり下りですぐにポジションを失ってしまう。
結局、集団最後尾のままで三段坂へ入って、脚を使って前へ出る事にした。

なるべく軽めのギアでクルクル回しながら前へ。
まだ集団には脚がある選手が多いのでごぼう抜き・・・とは行かなかったけど、少し番手を上げて展望台をクリア。
続くダウンヒル区間で緩んだところで更に前へでて、大体60番手?位で一周目を通過。

△▼△▼

 最終周回はペースが上がるんじゃないかと予想していたので、2周目でポジションを上げておくしかない!と思っていた。
とりあえず、上げられる所では脚を使ってどんどん前へ出るように心がけた。
けど、やっぱり下り区間はダメで、むしろ番手を落としてしまう。
ポジションを上げられたのはちょっとした登りと橋の平坦区間、そして三段坂からの展望台。
そこでかなりポジション上げて、前から六番手で三周目。
ここで一人の逃げが発生したけど、逃げ切れ無いだろ??と甘く見て見送ってしまったのだが、多分この人が逃げ切って勝ったみたい。

自分はこのままここをキープして…なんて考えたけど、ポジションキープという考え方でキープ出来るほど甘くない。
結局、ポジションをだいぶ落としてしまった。
途中、逃げの差が17秒であることがバイクから伝えられ、集団はペースアップしたけど、問題なくついていけた。

最終の三段坂では脚自体はまだ残っていたので、脚を使って前へ。

下りで集団が緩んだ所で先頭付近に出た所で、三人くらい飛び出していたのを確認。

ここが勝負所か?
自分が行ったら集団絞れるか?

ということで、少し出ていた三人に追いついてみたものの、後ろの人が交代しないのでペースが上がらない。

自分の脚もキてるけど、周りはもっとしんどいはず!
と信じてアタック。

が、やっぱり脚が無くて後ろには数珠繋ぎに集団が…。涙
諦めて交代を待っても変わる気配は無し。
牽かされて残り1000mを切り、最初のヘアピン手前でようやく後ろが出てきた…が、そのままズバズバ抜かれ、最後のヘアピンでもかなり番手を落としてしまった。

まだもがける脚はあったけど、前に20人以上居るのを確認したのでもがくのを止めて、そのままゴール。

▼△▼△

 勝負のポイントは3つあったと思う。
①特に下りでのポジションの悪さからの、登りで番手を上げるしかなくなってしまった事
②最終盤での中途半端なアタック
③中途半端な態度で前を牽いてしまったこと

特に、中途半端な姿勢、思い切りの悪さがダメだった。

アタックしてダメならすぐに集団に戻る。更に、最終局面ではベストな場所でなくても、そこからゴールを狙いに行く。
ゴール前でポジション落としても良いわって思ってたらダメだ。
2015.07.05 Sun l レース l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今日は朝練。
明らかに脚に疲労は残ってるけど、来週はほとんど走れないので練習をしておく。

メニューは初めての110号線でのインターバル。
コレまでは登り基調で上げて、折り返しをレストに充てていたけど、これだとレストで完全に脚を止める事になってしまうのでイマイチ。

ということで、25分は登り続けられる110号線でインターバルしてみることにした。

初めての試みなので何を目安にして良いかがわからない。
とりあえず、330W二分200W一分でやってみることにしたのだが、全然維持できないでやんの。
もう二本目から330Wを下回ってしまった。

とりあえず、300W八本やって今日はおしまい。
なかなか、楽しかった。

△▼△▼

 帰宅後、時間があったのでHIIT。
慣れてくると最初は控えめに入ってしまうのだが、今日はとにかく全開で突っ込んでいった。
おかげで、最後の二本はもう死体同然。
全然、脚に力が入らなかった。

 そのせいか、しんどさの割りには出力は出てなかったし、スピードも出ていなかったようだ・・・。
2015.06.23 Tue l レース l コメント (0) トラックバック (0) l top