BBを入手したので、TCR advanced SLを迎えに行ってきた。

子連れで行かなければならなかったので、とりあえずBBとヘッドパーツの圧入、それにペダリングモニターの取り付け、ISPのカットが出来ればOK!というノリ。

色々作業をする前に、とりあえず体重測定をしてみたら

IMG_20170916_144437-800x600.jpg

ヘッドパーツ、BBなど一切余計なパーツを除いて、ISP切断前で855g。
メーカー公称値ではMサイズで900gということなのだけれど、それよりも軽量。

ちなみに、フォークの体重測定は忘れた。
とりあえず、公称値との大幅な乖離はなかろう。

 それにしても、地味なヤツだ。

IMG_20170916_144856-800x600.jpg

IMG_20170916_144445-800x600.jpg

 殆どブランドロゴなんて見えやしない。
ちょっとGIANTさん、ハイエンドフレームなのに卑屈すぎやしませんかね??


 内部配線とBB装着、ヘッドパーツの圧入など、作業は滞りなく終了。
後はISPのカットなのだけれど、TCR advanced SLで使うはずのS-works toupeを持ってくるのを忘れるという失態。

仕方がないので、FELT F1で使っていたSelle SLR kit carbonio Flowを使って、FELT F1と同じサドル高になるようにISPをカットした。
ちなみに、89mmもカットした。

脚の短さが悲しくなってくる・・・。

 帰宅後、S-works toupeをつけてみると大体4mmくらい上がったので、さらにISPはカットしないといけないなぁ。


 一番誤算だったのはステム。
てっきり、スペシャのComp Multiステムはシムを抜いたらOD2規格(フォークコラム径が1-1/4になっていて太い)に対応していると思っていたのだけれど、全然対応していないという罠。

まあ、HPに対応しているとは書かれていなかったけど、だいたい同じくらいだろうってなことで勝手に安心してたんだけど、どうやら違うらしくてOD2のフォークコラムでもスポスポ。

ステム長は変えないといけないだろうから、とりあえず組むためにアタリでつけておきたかったんだけど、それも叶わず・・・。

結局、その場で適当に計算してPRO vibeステムの-17°、110mmをオーダーしておいた。

在庫もあるようだったので、きっと来週中には入手できることであろう。

 早く乗り始めたいなー。
どうせ、最初はローラーにしか使わないんだけどもさ。
スポンサーサイト
2017.09.17 Sun l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 TSSは100未満なんだけど、月・火と二日やった疲れが残っている感じ。
毎日やる事を考えると、今日は軽めにしておかないと明日以降死亡するパターンなので、今日はエスカレーションで一本で出し切るようにする。

これまでと同じで、220Wから2分毎に10W上げていくのを12回。
最後は330Wなので、絶好調であれば何とかなるか…?というくらい。

 ただ、疲れが残っているのでしんどい。
280Wの時点でもう無理じゃね?というくらいで、サイコンは310Wを指示してくるけど、300Wを出すのが精いっぱい。
もう無理~と心が折れて、DNF。

やり切れなかったのは残念だけど、しゃーない。

▼△▼△

 新バイクはTCR advanced SLに決定。
6870アルテグラで組む予定。

ステム長・角度がどれくらいがいいのか、計算しないといけないな。
2017.09.06 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 GIANT TCR advanced SL 2018モデルのカラーがダサくて、購買意欲が失せていたけれど、実質的にこれしか選択肢がないということで、結局買う事になりそう。

買うとしてもフレームセットかな。

▼△▼△

 朝はL4 20分×2本

1本目:272.2W
2本目:276.7W

 まあ、ボチボチ。

 ローラーが終わってから寝室に行ったら、子供が泣きもせずに扉の前で待っていた。
俺の姿を見ても無表情だったのは、泣かれるよりも辛いぜ…。

 こんなダメなとーちゃんでスマン。

子供が寝ている間に、プラレールを寝室に持って行こうかな。
2017.09.04 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 水曜日の早朝、東福井のに変態(褒め言葉)が集って走りに行くというので行ってきました。

・・・いつもの東福井朝錬です。笑

 Feltに変えてから、筋肉疲労が残りやすいように感じる。

 フロントが53-39になっているからなのか、それともFeltが硬いからかなんなのかわからないけど、心肺がいっぱいいっぱいになる前に脚がなくなる感じ。

アップは軽めにちんたらしていたのだけれど、登っている途中でアップをしていたと思しきM田さんとすれ違ったのだけれど、下った途中でなにやら止まっていた。

話を伺うと、道路の木屑なんかを掃除していたとの事。

意識高いぜ・・・。

見習わないといけませんな。

△▼△▼

 今朝は人数が多いので、ローテが楽。
序盤、「もっと行きたいもっと行きたい」とうずうずが止まらない。

で、ヒョイッとパワーメーターの値を見たら馬場までで320W超えてた。
・・・いやいや、それは無い。
そんだけのパワー出してたらもっと苦しいってば。

 馬場以降も体感強度よりも1割くらい高く出力が表示されている。
やっぱり、何かおかしい。

パワーメーター通りの出力がほんとに出てるなら、集団を木っ端微塵に出来ていると思うのだけれど、皆は普通に着いてきているからやっぱりメーターの値がおかしいのだろう。

それでも、最近練習をサボりがちだったツケは来ていて、消防署を過ぎた辺りでペースを上げた反動で千切れそうになる。汗
そこをインナーに落として何とかこらえて、最後はフルもがきでなんとか先着。

タイムは21分18秒、NP318W。

何、このパワー。おかしいでしょ。

パワーを見たら、3~22分まで自己ベスト更新してるとかどう考えてもこの中華パワーメーターがおかしいのが原因としか考えられない。

ほんとに出てたら嬉しいけど

▼△▼△

 ということで、購入してから一度もしていなかったキャリブレーションを漸くやった。笑
これでちゃんとした値が出ればいいけど、キャリブレーション値が390とかだったから、そこまで期待は出来なさそう。
わからんけど。
2017.08.10 Thu l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

 誰がこんな10/17人というショボいリザルトのレポートなんぞ読みたがるんだ?という気もするが、よく考えたらショボいリザルトばっかりだった。俺。

まず、熱があるのにレース出たい!と思っている人。 

休んだ方がいい。

 

どーせいい結果なんて出ないから。

 

自分の場合、大分という遠方まで来たし、6位までに入っておかないとE1残留が出来ないから少しでもチャンスがあるなら出ておこう、という気持ちだった。

 

 ちなみに、大分に来てからというもの、熱が38℃を下回る事はほとんどなかった。一応、ロキソニンを飲んで熱を下げて何とか普通に歩くことができるという感じ。原因としては扁桃炎かな?

細菌性かウイルス性かはわからなかったけど、一縷の望みをかけて手足口病の時にもらったクラリスロマイシンが残っていたので飲んでいた(やってはいけません)が、一向に治る気配なし。

多分、ウイルス性なんだと思う。

 

 38℃まで熱が出るような状態だと、心拍数が下がらない。

一般的に、熱が出ると心拍数が上がるようなのだけれど、ロキソニン飲んでも下がらない。安静時でも90100bpmくらい??

 

 レースの朝になってもそんな状態だったので、朝から約2時間おきにロキソニン60㎎を3回投与。

完全にオーバードーズです。

やってはいけません。

 

 ただ、その甲斐あってかレース前には自分が熱を出している事をすっかり忘れてしまうくらいに症状は抑えられていた。

でも、心拍数は高いままで推移していた。

 

 一応、開会式前に少しだけ走ってみたけれど、想定以上にすぐに心肺が苦しくなるのと水曜朝から一切体を動かしてないためか、四頭筋がすぐに疲労してしまった。

体調不良そのものだけでなく、長い事寝てたことで筋力が落ちたという不利な条件を持っている事を確認。

もう、どうしようもない。

 

 レース自体は17人しかいないから位置取りも何もあったもんじゃなくて、リラックスムード。こんなレースアリなんか!?わははー、みたいな感じ。

ただ、ひとたび号砲が鳴ってからは真剣モード。(当たり前)

 

 ペース速い。

 

スタートしてから35分で340Wオーバーで、自己ベストを更新してた。

先頭の方ではローテーションしてるけど、自分は想定以上に斜度がキツい、体力的にキツいということで全く余裕が無く、一ミリも先頭には出る気なし。

 

確か、このしんどい区間でeNShareのミヨシさんとUKYO reveのイワモトさんが飛び出したハズ。

 

自分としては差がつくのは激坂区間だと思っていたので、この動きは結構意外。

この逃げを捕まえる意志が先頭にあったかどうかはわからないけど、キツい区間がさらにキツくなったと考えるべきなのかどうかはわからない。

ただ、この二人は結構快調にペースを刻んでいて、長時間逃げ続けていた。

 

このキツい時間もそれほど長くは続かず、平坦区間がやってくる。ここは全員がローテを回るべきだろ!的な雰囲気があったけど、いや僕は無理ですから。

ツキイチを決め込んで、しばし体を休める。

 

後は頑張って集団に着いていく。

集団は7人くらいにまで既に絞られていて、あと少し頑張れば6位に滑り込める!なんて思ったものの、世の中そんなに甘くは無く、その中で真っ先に千切れるという体たらく。

 

心肺に限界が来たというよりも、脚の方に限界が来たような感じで、踏めずにズルズルと皆をお見送り。

さよ~なら~。

 

さよ~なら~、E1カテゴリ~。

 

 後はもうタレてSSTレベルのサイクリング。

前には集団から千切れたミヨシさんも見えたけど、追いつく気力もなく、むしろ後続に抜かれてズルズル順位を落とし、最終的には10位でのフィニッシュ。

 

レース前はギアをどれにしようか、とかいろいろ考えていたけど、そんなのどっちでも良かった。笑

結局、マイペースでのんびり上っただけだから。笑

 

敗因としては

発熱自体は思ったほどパフォーマンスに影響しなかったように思う。5分だけだけど、自己ベストのパワーが出たし。ただ、休みすぎたせいでエンデュランス能力が大きく落ちたのが痛かったように思う。

事前の天狗岩では重たいギアを少しは踏めるようになった実感があったけど、そんなものはとっくにどこかに落としてきてしまったようで、230Wで踏むのが精いっぱいだった。笑

 

 それにしても、発熱していた割にはパワーは出た。他に特に症状が無かったというのが良かったのではないかと思う。

やっぱり気管支系にダメージが来るとてきめんにパフォーマンスは落ちるけど、熱だけであればそこまで大きくパフォーマンスは落ちないんじゃないか?という気がする。

すればいいのは、ロキソニンで胃が荒れる覚悟ですね。

 

△▼△▼

 

 頂上では地元のボランティアさんたちが暑い中で皆にカレーや冷やし野菜なんかを配っていたり、もちろん水を飲ませてくれたりした。

ありがたい。

 

自分はこういう地元の方々に歓迎していただいているという感じはとても好きで、とっても嬉しかった。

 

表彰をチラリと見て、そそくさと下山…したかったけど、熱中症で倒れた人を搬送するための救急車を優先するとの事で、15分ほど下山が遅れてしまった。

まあ、この気候だしこういう事もあるよね。

 

 ただ、下りはホビーと一緒というのが若干いただけない。

下山開始300mでコケそうになった人に体当たりされそうになったり、チラチラ後ろを振り返る度にハンドルがフラフラする人が居たりで恐ろしすぎる。

 

下山でコケるのは洒落にならないので、安全そうな位置まで来たら先頭だった。

先導バイクの後ろはちゃんと下りが上手い人が張り付いていて、自分はその後ろについて快適に下る事が出来た^^

 

ただ、この先導バイクが平地区間でもペースを上げるもんだから後ろにいても500Wオーバーで踏まされた。笑

レースが終わってから、今日イチのパワーを出すことになるとは思いもよらなかった。

下山終盤で振り返ってみたら、集団が散り散りになってて10人もいなかったのには笑ってしまった。

 

▼△▼△

 

 ということで、散々なレースでした。

ちなみに、ロキソニンは日本体育協会による使用可能リストに入っていますので今回の行為には問題はない、はず。

 

※オーバードーズ自体は禁止されてないですが、自分の身体の為に止めましょう。

 

 どうでもいい話ですが、漢方薬全般は製造上何らかのコンタミが起こる可能性があるため、全般的に止めておいた方がいいそうです。(ドーピングコントロールを受ける可能性がある人は、ですが)

 

鎮痙作用がある事で有名な芍薬甘草湯は、主にペオニフロリンとグリチルリチンが主成分で、これらは本来は使用可能なんですが、製造段階で「同じ釜を使って麻黄湯を抽出してた」とかの可能性を否定できないので使用OKとは言えない、とその道に詳しい人が言ってました。

 

何か思い出したので、つい。

2017.07.31 Mon l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top